記事の内容は硫黄 特徴について説明します。 硫黄 特徴を探している場合は、Computer Science Metricsに行き、この【ゆっくり】硫黄の資源を地質技師がゆっくり解説。実は硫黄は日本の輸出品!?の記事で硫黄 特徴を分析しましょう。

目次

【ゆっくり】硫黄の資源を地質技師がゆっくり解説。実は硫黄は日本の輸出品!?の硫黄 特徴に関連する情報の概要更新

下のビデオを今すぐ見る

このComputer Science Metrics Webサイトでは、硫黄 特徴以外の情報を追加して、より価値のある理解を深めることができます。 Computer Science Metricsページで、私たちはあなたのために毎日毎日常に新しいコンテンツを更新します、 あなたに最も正確な価値をもたらすことを願っています。 ユーザーが最も詳細な方法でインターネット上のニュースをキャプチャできます。

硫黄 特徴に関連するいくつかの説明

硫黄については、硫黄鉱物について解説し、日本の硫黄鉱山を紹介しています。 また、現在の硫黄や硫酸の生産・輸出の様子も紹介しています。 #スロー解説 #硫黄 #硫酸 #ランキング #地質 #資源 ランキングに使用した硫黄産出国のデータは、米国地質調査所の鉱物資源概要2022の2020年確定値です。 免責事項: 正確な情報を提供するためにあらゆる努力を払っていますが、このビデオの内容には誤りや不正確な点がある場合があります。 その場合はご容赦ください。

SEE ALSO  【数分解説】ガウス過程(による回帰) : データのばらつきやノイズを考慮した非線形もいける回帰がしたい Gaussian Process | ガウス 過程 回帰 わかり やすくに関連する知識をカバーします新しい更新

一部の画像は硫黄 特徴の内容に関連しています

【ゆっくり】硫黄の資源を地質技師がゆっくり解説。実は硫黄は日本の輸出品!?
【ゆっくり】硫黄の資源を地質技師がゆっくり解説。実は硫黄は日本の輸出品!?

読んでいる【ゆっくり】硫黄の資源を地質技師がゆっくり解説。実は硫黄は日本の輸出品!?に関するニュースを追跡することに加えて、Computer Science Metricsが毎日下に更新された他のコンテンツを見つけることができます。

ここをクリック

硫黄 特徴に関連するキーワード

#ゆっくり硫黄の資源を地質技師がゆっくり解説実は硫黄は日本の輸出品。

[vid_tags]。

【ゆっくり】硫黄の資源を地質技師がゆっくり解説。実は硫黄は日本の輸出品!?。

硫黄 特徴。

硫黄 特徴に関する情報を使用して、ComputerScienceMetricsが更新され、より多くの情報と新しい知識が得られることを願っています。。 csmetrics.orgの硫黄 特徴の内容をご覧いただきありがとうございます。

SEE ALSO  多発性骨髄腫とその治療薬 | 最も正確なサリドマイド 多発 性 骨髄 腫コンテンツの概要

22 thoughts on “【ゆっくり】硫黄の資源を地質技師がゆっくり解説。実は硫黄は日本の輸出品!? | 硫黄 特徴に関する一般的な情報が最も正確です

  1. Pyrope Garnet says:

    今から半世紀以上前、親父に連れられて群馬県の旧六合村へ車で山菜取りに行ったとき。今では廃駅になっている「太子」という駅で、円筒形に成形された黄色い硫黄の塊が山積みになっているのを見た。白根山の周囲に硫黄の鉱山がいくつかあったんですよね。

  2. K T says:

    松尾鉱山の社宅群が廃墟として見れたりもするから、八幡平アスピーテラインはドライブやツーリングにもオススメ
    また山頂付近の藤七温泉はとても開放感のある泥湯で大自然を感じられる

    地質に興味あれば楽しめるよ!

  3. 瀬良垣蒼葉 says:

    黄鉄鉱の別名「愚者の黄金」が厨二っぽくて好き
    硫黄は環状硫黄や針状硫黄、ゴム状硫黄とか色んな形をとってて面白いし、どっかの高校生がゴム状硫黄の本質的な色は黄色(その前までは褐色だと思われていた)という事を証明して教科書を訂正した話も面白い

  4. Calcite says:

    鉱山は閉山後の坑廃水処理も頭が痛いですね。
    松尾は義務者不存在鉱山になってしまったからこれは結局税金が未来永劫流れるんだよなあ…(技術開発でコスト圧縮努力は続けられてるけど)

  5. 池田明男 says:

    硫黄なあ。1970年頃かその前に四日市喘息等なあ。石油を精製する過程でなあ。石油にはいろんな成分がなあ。
    特にやはり二酸化硫黄。これを水に溶かして酸素も取り込むと硫酸になあ。松尾鉱山等の閉山はこれが原因だなあ。
    チリ等から日本は銅鉱石を輸入していることは知っていたが、その帰りに硫酸をなあ。
    日本も変わりチリ等も変わりなあ。元々銅鉱石は例えば、別子鉱山とか日本でも生産していたが、別子鉱山は1973年に閉山した。
    近深く掘り進んだが温度も上がりなあ。それよりも海外から輸入したほうが良いとなあ。
    硫黄鉱山は多くは銅とか別の鉱山と一緒になあ。
    日本は1960年頃から石炭から石油にエネルギー革命がなあ。それ故に石油の精製過程で硫黄をなあ。
    四日市喘息は結構有名な公害だなあ。日本ではあんまり公害は聞かなくなったが中国ではどうかなあ。
    時々聴くガンの村とかなあ。ここらも含めて日本の報道機関も報道して欲しいなあ。
    YouTubeにそうしたこともなあ。

  6. gumi gumi says:

    元寇の時代、南宋は日本産の硫黄を独占輸入して火薬を作り、モンゴルと戦争していた。南宋が滅んだあと、モンゴル帝国は日本と交易して、その硫黄が欲しかった。元寇の裏話でした。

  7. micky says:

    いやいや 公害考えたら閉山で良かったんじゃない 今も浄水作業フル稼働やってるとか恐ろしすぎる 害が少なめの核廃棄物みたい

  8. 東北電子台有限公司 says:

    松尾鉱山よく見に行った
    近代的な鉄筋コンクリートの集合住宅や大きな煙突、小学校校舎等がまだ綺麗に残っていて本当にこんな山の中に近代的な街があったんだなと思いました。
    なんとなく軍艦島を思い出しました。

  9. akanarum D.K.K says:

    水星は鉄が、金星は硫黄で地球は水の星とは原始惑星が出来る温度帯の違いのようですが、地球鉱物でも硫黄系は多いですね。ちなみに学生実験で硫黄を溶かして冷水に落とし「ゴム状硫黄」を作ったことがあります。S8→ほどける→固まる、その性質がゴム加硫に繋がっていたりして。面白いことばかり。

  10. nirasawa191 says:

    硫黄採掘、ゴールデンカムイで出てきてたな…
    硫黄というと殺生石しか知らなかったので、詳しく知れて嬉しいです。

  11. 日本太郎 says:

    火山から硫黄や硫化物が採掘されるのだけれども、実は、マグマには硫黄がほとんど含まれていません。

    というのも、マグマが地表に現れないまま、地殻深部で冷却されて固まった物が花崗岩ですが、花崗岩には、硫黄がほとんど含まれていません。

    硫黄は、実は…地下水が電気分解されて出来た酸素分子O2が、核融合して出来たものです。

    三宅島で、2000年からずっと、硫黄が出ているでしょ。あれもそうです。元々のマグマに含まれていたもの、ではないです。

  12. Toru Doteuchi says:

    濃硫酸で第三艦橋が溶けてしまわぬか心配な昭和生まれ (`・ω・´)ゞ
    うぽつでございます。よいチャンネルに巡り合えて感謝。<(_ _)>

  13. 草莽 says:

    高校時代の日本史の授業で、
    「日明貿易の日本の主な輸出品は硫黄と刀剣、輸入品は銭」
    と聞き、硫黄と言うと火山の噴気孔の脇っちょに染料の様にベッタリくっついている物質というイメージがあったので、なるほどあれなら安価に採取できたろうと思うと共に、
    「品物を輸出してゼニカネを輸入するなら、つまり出超ということじゃないか。安いものを輸出して大量にゼニが払われているなら黒字貿易じゃないか」
    と思ったのを覚えています。

    同じ頃、ヨモギの灰に小便かけて硫黄や硝石(は家の床下から取る?)と混ぜると火薬が出来るとの話を聞いたことがありますが、さすがにこちらはやった事はありません。
    火薬以前には当時どんな用途があったのかは日本史ではやりませんでした(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です