この記事のトピックは数学 問題 面白いについて書いています。 数学 問題 面白いを探している場合は、Computer Science Metricsに行き、この【ゆっくり解説】できたら天才?簡単そうで引っかかる面白い数学問題を解説【IQテスト】の記事で数学 問題 面白いを分析しましょう。

【ゆっくり解説】できたら天才?簡単そうで引っかかる面白い数学問題を解説【IQテスト】の数学 問題 面白いに関連する一般情報

下のビデオを今すぐ見る

このComputerScienceMetrics Webサイトでは、数学 問題 面白い以外の他の情報を追加して、自分のデータを増やすことができます。 Computer Science Metricsページで、私たちは常にユーザーのための新しい正確なニュースを更新します、 あなたに最も完全な知識を提供したいと思っています。 ユーザーがインターネット上にできるだけ早く情報を追加できます。

数学 問題 面白いに関連する情報

一見、簡単そうに見えて間違えやすい問題を4問紹介。 ※90%という言葉に深い意味はありません。 このチャンネルでは、科学の裏話やトリビア、パラドックス、面白い話などをゆっくり解説していきます。 このチャンネルのコンセプトは、科学の魅力を初心者にも分かりやすく伝えることです。 科学愛好家が、科学に関するよくある質問を説明します。 専門性の高い分野のため、たまに誤りが生じる場合がありますのでご了承ください。

SEE ALSO  中学社会【計算問題】「縮尺の計算方法」 | 関連情報の概要地図 縮尺 計算が最も正確です

一部の画像は数学 問題 面白いに関する情報に関連しています

【ゆっくり解説】できたら天才?簡単そうで引っかかる面白い数学問題を解説【IQテスト】
【ゆっくり解説】できたら天才?簡単そうで引っかかる面白い数学問題を解説【IQテスト】

読んでいる【ゆっくり解説】できたら天才?簡単そうで引っかかる面白い数学問題を解説【IQテスト】に関するニュースを発見することに加えて、Computer Science Metricsが継続的に下に投稿した他のコンテンツを見つけることができます。

今すぐもっと見る

数学 問題 面白いに関連する提案

#ゆっくり解説できたら天才簡単そうで引っかかる面白い数学問題を解説IQテスト。

ゆっくり,科学,雑学,ゆっくり科学,ゆっくり解説。

【ゆっくり解説】できたら天才?簡単そうで引っかかる面白い数学問題を解説【IQテスト】。

数学 問題 面白い。

SEE ALSO  ソレー杯75☆ミ早稲田式2on総当たり戦 | 総 当たり 戦に関連する知識をカバーします新しい更新

数学 問題 面白いのコンテンツがComputerScienceMetrics更新されることで、あなたに価値をもたらすことを望んで、より多くの情報と新しい知識を持っているのに役立つことを願っています。。 Computer Science Metricsの数学 問題 面白いについての情報を読んでくれてありがとう。

47 thoughts on “【ゆっくり解説】できたら天才?簡単そうで引っかかる面白い数学問題を解説【IQテスト】 | すべての知識は数学 問題 面白いに関する最も正確です

  1. ななきあい says:

    引っ掛かりやすい問題だよって言われてたから流石に解けたけど、ぱっと何も言わずに出されたら多分反射的に間違えてそうな問題ばっかりだな

  2. 0000 MYGT says:

    自分の頭の悪さを再認識して辛い。
    最後の問題はサムネイルの時点ですぐ速度の違いに気づく事ができたけど、問題文の最後に「ABCはそれぞれ一定の速度で走る」という部分を聞いて、
    「あれ?ABCは同じ速度で走っている?」と残念な解釈した自分によって「じゃぁ20mやね!」ってなってもうた。
    「それぞれ」の部分を「それぞれ違う速度で一定に走っている」という解釈ではなく、「二人三脚ではないけど同じスピードでみんなゴールしよっ!」
    と意味不明な解釈してしまうアスペな自分の日本語力に震える(ノД`)・゜・。

  3. ブラッド伊葉 says:

    りんごとメロンの話は漫画キン肉マンの登場人物バッファローマンが1000万パワーをどうやって手に入れたのかで同じ間違いしてましたね

  4. 限界大学生 says:

    引っかかりやすい問題ですと言って出題されたから引っかからなかったけど、普通に出されたら余裕で引っかかる自信しかない

  5. OKJOKJ535 says:

    10mはそれぞれ速度の変化によって変動する。
    それぞれゴールした時にたまたま10mだった。
    と考えれば分かりやすいよ!

  6. tak says:

    こんなんAゴール後のBの速度
    わからんから無理やんって思ったら、
    等速直線運動だった…

  7. Ray RAZA says:

    解説も理解出来たがこの問題矛盾してないっすか?それぞれ10mの差があってaからcまでを求めるなら答えとして間違いではないけど、そしたら10mずつ離れてるのは説明つかないのでは?
    aからb10m条件にあってる
    a100のb90だから
    だけどb90のc81は9m
    条件合わないのでは?

  8. 近藤憲生 says:

    最後の問題「線香は常に同速度で燃える」という条件を前提にしないと、
    (もし私が見落とし聞き損ねしてたらごめんなさい)
    この回答は成立しないのでは?
    1本が必ず40分で燃えるから0.5本は20分で燃えるはず、って
    問題文からは導き出せない前提のような気がするんですが?
    最初の問題でおっしゃっていた「平均の平均は平均ではない」に、
    最後の問題でおちいってませんか?

  9. 山口家ちゃんねる says:

    数学が嫌いな理由
    XとかYとか二乗のちっちゃい2とか「りんごをAとする」みたいに英語使ってくるから、問題を理解しようとする俺の脳がどんどん明後日の方に行くんよね

  10. 等価値とかち says:

    問題1と2は自分の早い思考では、解なし・・・? と思ってしまった。
    問題3はシンプルに間違えたけれど、
    問題4は線香の両端に同時に火を付けることも出来なければ、一本目が燃え尽きた瞬間にもう一本に火を付けることも出来ないので、『ぴったり』30分は測れない。とか妙にリアリティーを求めてしまってモヤモヤ… 現実的にどうとかではなくて考え方とか概念の話だっていうのは分かるんだけどね😅

  11. ハスラー乗りメルのドライブログ says:

    平均速度を算出する場合の
    面積図の解き方、積分の考え方
    によく似ていますね・・・

    最後の線香の話は10分を計る方法がわからないと
    解くことができそうにありませんね・・・

    線香を両方から点火するなんて、普段は行わないので
    なかなか思いつかないです。
    (自分は10分を計る方法を考えたので、すぐに解けましたが・・・)

    楽して解こうとすると
    誤った答えを導いてしまうという点が面白い( ´艸`)

  12. ギギ says:

    理屈は分かるし1分くらいあったら求めらるだろうけど10秒って言われると焦って無理だわ…
    1050+50だけは時間内に出せた…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です