この記事のトピックは回転 rotについて書いています。 回転 rotに興味がある場合は、Computer Science Metricsに行って、この【ベクトル解析】rot(回転)の意味【特別講義】の記事で回転 rotを分析しましょう。

【ベクトル解析】rot(回転)の意味【特別講義】の回転 rotの関連する内容を最も詳細にカバーする

下のビデオを今すぐ見る

このComputerScienceMetricsウェブサイトを使用すると、回転 rot以外の知識を更新して、より貴重な理解を得ることができます。 csmetrics.orgページで、ユーザー向けに毎日新しいコンテンツを更新します、 あなたに最高の価値をもたらしたいという願望を持って。 ユーザーが最も詳細な方法でインターネット上の情報を更新することができます。

SEE ALSO  円に内接する四角形【超わかる!高校数学Ⅰ・A】~授業~図形の性質#5 | 内 接 四角形 の 性質に関連する最も正確な情報をカバーしました

いくつかの説明は回転 rotに関連しています

廻り廻りメリゴラン動画の内容についてご不明な点がございましたら、コメント欄にてお寄せください。 また、これまでの質問への回答をまとめたQ&Aは固定コメントにて ——————————– ————————————————– ——————————— ベクトル解析のおすすめ参考書はこちら「Visual Guide Physical Mathematics ~Multivariable Functions」と偏微分」~」→前野さんの琉球大学の本はどれも素晴らしい…。 他の教科書ではこんな綺麗な図は見られない『流体力学(新物理シリーズ)』→ベクトル解析を学んだ方向け。 ベクトルとテンソルをつなぐテイストの本。 もう少し数学的ベクトル解析に取り組みたい場合は、試してみてください ——————————— – ————————————————– – —————————– 物理学科必携のおすすめ参考書「現代量子力学(1)」はこちら→こちらこの本を読んで初めて、私は量子力学を理解できると思い始めました。 「現代から見た熱力学」「統計力学(1)」「統計力学(2)」 → 物理は素粒子! 私の浅はかな考えを変えてくれた3冊。 おかげさまで、私の専門は統計物理学です。 博士課程に進学し、研究者を目指すきっかけになりました ——————————- — ———————————————— — —————————– 予備校で学べる「大学数学・物理」チャンネルでは、 ①大学コース:大学レベルの理科科目 ②高校コース:入試レベルの理科科目の授業動画をアップしており、理科系の高校生・大学生向けの情報も提供しています[Request for work]HPよりお問い合わせください(個別指導、試験指導も行っております)[Collaboration request]HPのお問い合わせよりご連絡ください(積極的に受け付けます^^)[Lecture request]コメントで任意のビデオにすることができます! ここをクリックして[Channel registration](これからも楽しく受講しましょう!)[Official HP](お探しの講座が簡単に見つかります!)[Twitter](積極的に活動中!)[ Instagram】Click here (You can see Takumi’s daily life (?))[Today’s word]おちょこキャパ

SEE ALSO  因数定理 3次式 因数分解【一夜漬け高校数学238】 | 新しく更新された因数 分解 筆算コンテンツの概要

回転 rotのトピックに関連するいくつかの画像

【ベクトル解析】rot(回転)の意味【特別講義】

読んでいる【ベクトル解析】rot(回転)の意味【特別講義】に関するコンテンツを表示することに加えて、ComputerScienceMetricsが毎日更新される他のコンテンツを見つけることができます。

新しい情報を表示するにはここをクリック

回転 rotに関連するいくつかの提案

#ベクトル解析rot回転の意味特別講義。

数学,物理,ヨビノリ,たくみ,東大,東大院,大学院,ベクトル,微分,演算子,東工大,回転,grad,rot,div。

【ベクトル解析】rot(回転)の意味【特別講義】。

回転 rot。

回転 rotに関する情報を使用して、csmetrics.orgが更新され、より多くの情報と新しい知識が得られることを願っています。。 ComputerScienceMetricsの回転 rotの内容を見てくれてありがとう。

SEE ALSO  「さよならの向こう側」  feat.TeN   [4k] | 何億光 年 cmに関する一般的な知識が更新されました

30 thoughts on “【ベクトル解析】rot(回転)の意味【特別講義】 | 関連するすべてのコンテンツ回転 rotが最も正確です

  1. 予備校のノリで学ぶ「大学の数学・物理」 says:

    ご視聴ありがとうございました!既に出ている質問と予想される質問についてお答えしておきますので参考にしてください

    Q.なんでy成分だけを考えるの?(3:48)
    A.本当はその点に"住んでいる"ベクトルを考えるのですが、そのうち回転に寄与するy成分だけを取り出しています(高校物理で習う力のモーメントと同様の考え方です)。他のベクトルについても同様となります。

    Q.なんで下向きのベクトルを書いたの?(4:16)
    A.板の周りに描いてあるベクトルの向きに意味はなく、適当に描いたものです。例えばこのとき描いたベクトルは負の成分をもつベクトルであると解釈されます。

    Q.どうしてx成分はy成分の引き算と逆になるの?(6:23)
    A.今回の場合は下にある青ベクトルが正だった場合に反時計周り(+)に、上にある青ベクトルが正だった場合には時計周り(ー)に回そうとする力になるからです。

    Q.ローテーションに嫌われました(11:00)
    A.ふーん

    何か他にもございましたら追記していこうと思います。

  2. そう云えば何か忘れたかも says:

    <cf> 解析学のシリーズ

    ・フーリエ級数展開① → https://www.youtube.com/watch?v=HNHb0_mOTYw&t

    ・ロピタルの定理① → https://www.youtube.com/watch?v=dRpnR2Q6GPI

    ・ガンマ関数① → https://www.youtube.com/watch?v=K-HwL3N4P5Q

    ・各点収束と一様収束(関数列の極限) → http://www.youtube.com/watch?v=r0V14KCiixU

    ・supとinf(上限と下限)→ https://www.youtube.com/watch?v=pySvmqhB6BY&t

    ・ε-δ論法(関数の連続性)→ https://www.youtube.com/watch?v=t3JPms8Y1l4

    ・フーリエ変換の気持ち → https://www.youtube.com/watch?v=bjBZEKdlLD0

    ・ウォリスの積分公式 → https://www.youtube.com/watch?v=KtFzNVs2y8k&t

    ・重積分① → https://www.youtube.com/watch?v=eqdsux1il54

    ・デルタ関数 → https://www.youtube.com/watch?v=ojMth6p1FUA

    ・双曲線関数 → https://www.youtube.com/watch?v=Yvcngy6xtio&t

    ・ガウス積分の類似形 → https://www.youtube.com/watch?v=u6sBzqF8gWI&t

    ・grad(勾配)→ https://www.youtube.com/watch?v=p7hEoWv7pp4

    ・div(発散)→ https://www.youtube.com/watch?v=ZS51xsn7onA

    ・rot(回転)→ 本講義
    ・テイラー展開の気持ち → https://www.youtube.com/watch?v=qzd5iXKHkiU&t

  3. HY says:

    リクエストです。ベクトル解析シリーズで方向微分について扱ってほしいです!

  4. 篤 青柳家 横浜国立大学大学院出身 says:

    ダイバージェンスは発散で、ベクトル測度が左方右方
    ローテーションは収束型で、ベクトル測度が一方向
    球体磁場があるとき
    輪があるだけでも
    ベクトル測度が一方向の型が少しは出来る
    だろう

    制御路があることで
    ダイバージェンスはローテーションに換わる可能だろう
    住宅空間と空調設備の対流熱伝達
    人工環境工学研究科
    アツシSAMURAI青柳家
    杉崎
    発散型は
    受信認識不可
    ローテーション型は
    受信認識可能だろう
    救命の発音

    アツシSAMURAI
    ダイバージェンスはローテーション型に組むことです
    制御路
    空調設備
    ダイバージェンス
    ローテーション
    グラディエント
    グラディエントは
    勾配特性
    坂道
    だから
    速度加速度
    制御
    グラディエント
    勾配特性
    発散型空調は
    グラディエントについて勾配特性を利用するから空調設備を制御出来る
    古いエアコンは
    発散型だから電力供給を制御路して気をつける

    アツシSAMURAI寺子

  5. li Li says:

    rotも君のこと嫌いだからね…つら
    ヨビノリさんのおかげで好きになったから許して

  6. F Struve says:

    ベクトル解析の延長で分かりやすいテンソルの講義動画とか出してくれないかな~と思ったけど、よく考えれば相対論にまで踏み込まないといけないから大変なのか。
    周囲にも解説できるほど理解できている人がいないし、講義も対面じゃないから教授にも聞けないしで八方ふさがりなんだよなぁ。

  7. cool mint says:

    divはその値の意味と場のイメージが付くのですが、rotは値の意味と場のイメージが付きません。ベクトル場を図示しても、その場が回転しているのかしてないのかが判断できません。rotというのは、図だけでは判断できないのでしょうか?

  8. efgh says:

    とても分かりやすいです。
    ベクトル解析は難しいけど解説が結構少ないので、場の線微分や面積分の動画もあったら嬉しいです。

  9. 座布団 says:

    公文でdiv,rot,gradの三兄弟来て何をしているんだこいつらは……
    って思ってやめて分からないままでしたが、長年の謎が解決出来ました
    ありがとうございます

  10. Laplace says:

    どこでテイラー展開しているかわからなかったんですけど,(x, y)周りでテイラー展開しているんですかね

  11. Jyo O says:

    教授の摩訶不思議授業からドロップアウトせずに済みました・・・感謝・・・

  12. k k says:

    お盆に海に行くと足を引っ張られるという言い伝えを力学的に教えてください。おそらく水深が深いところでは回転が発生しているものだと思います。

  13. T K says:

    ふーんて感じ。多様体に向き持たせて何が面白いんだよって感じで好きとか嫌いとかそのレベルにすら達していない。ベクトルてなんで必要なのかもよくわからん。

  14. Yoshiki Yamada says:

    40年前の大学時代にあなたに出会えていたら、もっと物理学に打ち込んでいたことでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です