記事の内容は横浜 国立 大学 数学 過去 問を明確にします。 横浜 国立 大学 数学 過去 問について学んでいる場合は、この【伝説の入試数学】特殊すぎる因数分解|感動の1問を紹介します(横浜国立大2009)記事で横浜 国立 大学 数学 過去 問についてComputerScienceMetricsを明確にしましょう。

目次

【伝説の入試数学】特殊すぎる因数分解|感動の1問を紹介します(横浜国立大2009)更新された横浜 国立 大学 数学 過去 問に関する関連するコンテンツの概要

下のビデオを今すぐ見る

このウェブサイトComputer Science Metricsでは、横浜 国立 大学 数学 過去 問以外の知識を追加して、より便利な理解を得ることができます。 Computer Science Metricsページで、私たちはあなたのために毎日毎日常に新しいコンテンツを投稿します、 あなたのために最も正確な知識を提供したいという願望を持って。 ユーザーが最も正確な方法でインターネット上の知識を更新することができます。

トピックに関連する情報横浜 国立 大学 数学 過去 問

この手引き、着想、証明の3点セットは、学生時代に解いたときに印象的でした。 一見難しいかもしれませんが、整数×証明としてPASSLABO&MathLABO閲覧者が欲しい問題です! PASSLABOの算数専門チャンネルでは整数問題の全パターン解説を公開中! ! MathLABO~東大発! TwitterやLINE、Youtubeのコメントなどで視聴者から寄せられたよくある質問やリクエストを引き続き解説していきます。リクエストを見ながら実験を続けていきますので、一緒に楽しみましょう! ~~~~~~~~ ■MathLABO~東大発! 「みんなでつくろう」算数ベスト良問集~チャンネル登録はこちら→説明したい良問が見つかったらこちら→(LINE LIVEで勉強法や疑問相談を配信中!!)解説文画像は公式Twitterより → リクエスト・企画はこちらから募集中! ======[Your comment may be reflected in the video! ]ご不明な点や問題点の説明のご要望がございましたら、お好きなだけ投稿してください。 一つ一つチェックして参考になれば動画にします^ ^ =========== ■PASSLABO会員情報 「1」宇佐美昴→→「2」熊谷大学東京文一 1 点落ち? /PASSLABO 癒しキャラ → → =========== #MathLABO #みんなで作る算数の良問 #リクエストはまとめ欄から毎日朝6時に投稿!ビデオ

SEE ALSO  【小1~小6算数】計算が苦手な子は、1年生で勉強する「アレ」が完璧じゃない! | 指 を 使わ ない と 計算 できない 大人に関する情報の概要最も詳細な

横浜 国立 大学 数学 過去 問のトピックに関連するいくつかの写真

【伝説の入試数学】特殊すぎる因数分解|感動の1問を紹介します(横浜国立大2009)
【伝説の入試数学】特殊すぎる因数分解|感動の1問を紹介します(横浜国立大2009)

あなたが読んでいる【伝説の入試数学】特殊すぎる因数分解|感動の1問を紹介します(横浜国立大2009)に関するニュースを見つけることに加えて、csmetrics.orgを毎日下のComputerScienceMetrics更新する他の記事を読むことができます。

ここをクリック

横浜 国立 大学 数学 過去 問に関連する提案

#伝説の入試数学特殊すぎる因数分解感動の1問を紹介します横浜国立大2009。

SEE ALSO  期待値とは?数学IA 新課程内容【数学IA ・場合の数と確率】 | 確率 期待 値 と はに関するドキュメントの概要
[vid_tags]。

【伝説の入試数学】特殊すぎる因数分解|感動の1問を紹介します(横浜国立大2009)。

横浜 国立 大学 数学 過去 問。

横浜 国立 大学 数学 過去 問の知識により、csmetrics.orgが更新されたことが、あなたにもっと多くの情報と新しい知識を持っているのに役立つことを願っています。。 ComputerScienceMetricsの横浜 国立 大学 数学 過去 問についての記事を読んでくれて心から感謝します。

25 thoughts on “【伝説の入試数学】特殊すぎる因数分解|感動の1問を紹介します(横浜国立大2009) | 横浜 国立 大学 数学 過去 問の一般的な内容が最も完全です

  1. 佐々木透 says:

    最後のところ、x_k≦y_kとしても一般性は失われない、というのを利用するのならば、
    x_k≦y_kならばx_(k+1)≦y_(k+1)も示しておかなければならないのではないでしょうか?

  2. 高嶋伸介 says:

    ガウス環のノルム使うのが手っ取り早いですね
    z=35+28i,w=35-28iとおくときz^n=a+bi(a,bは整数)とすればw^n=a-biで
    2009^n
    =(zw)^n
    =z^nw^n
    =(a+bi)(a-bi)
    =a^2+b^2
    となります

  3. かすじる says:

    誘導がなくてもn=1,n=2の場合を示しておいてn=kからn=k+2で帰納法を使えば単純にx,yを2009倍するだけでいけそう。n=2については、途中で出てくる41を2乗すると1681⇒これは40と9の2乗に分解できることに気づけばx,yは40×49と9×49で案外簡単に見つかる。

  4. atsushi okada says:

    これは誘導がないと相当厳しいと思います。私は誘導を見ずに散々考えましたが、全然進まず、、誘導あれば解けました。

  5. ぽかぽか says:

    存在することを示せなんだからn=1の時のx、y出して存在しますじゃダメなの?
    ていうか存在することを示すんだから、帰納法ってなんかおかしくね。
    帰納法って一般的に一個前が条件を満たすと仮定して、その一個後も条件を満たしてれば良いよね〜ってやつでしょ?
    もし不定期にx、yが存在してるとしたら使えない。
    誰かわかる人教えて下さい。

  6. 合八一合のYouTube数学 says:

    備忘録80V" 本問で帰納法は、思い付きにくい ←そこが急所👏
    【 ( a²+b² )( c²+d² ) = ( ac-bd )² + ( ad+bc )² ・・・① 】
    x²+y² = 2009ⁿ を満たす 自然数 ( x, y ) が 存在する ・・・☆ とおく。
    [ Ⅰ ] n= 1 のとき、x²+y²= 2009¹ = 7²・41= 7²・( 5²+4² )= 35²+28² だから、
    ( x, y )= ( 35, 28 ) として、 ☆は成り立つ。
    [ Ⅱ ] n= k のとき、 x²+y²= 2009^k を満たす自然数 ( Xk, Yk ) が 存在すると仮定すると、
    n= k+1 のとき、 2009^k+1= 2009^k・2009= ( Xk²+Yk² )・( 35²+28² ) ( ∵ 仮定 )
    = ( 35・Xk-28・Yk )²+( 28・Xk+35・Yk )² ( ∵ ①を利用した )
    対称性より、Xk ≧ Yk として、 Xk+1= 35・Xk-28・Yk, Yk+1= 28・Xk+35・Yk
    とすることにより、 このときも ☆は成り立つ。
    [ Ⅰ ] [ Ⅱ ] より、任意の自然数 n について ☆は成り立つ■

  7. ザスティ says:

    「x^2+y^2=aとなる自然数(x,y)が存在するとき、
    任意の自然数bに対してx^2+y^2=ab^2となる自然数(x,y)が存在する」
    っていう事を使えば誘導無くても帰納法で示せそう

  8. T y says:

    今思ったけど、パスラボで数学の問題を生放送にしてコメントで議論しながらやったらオンライン授業みたいになって盛り上がりそう。

  9. ゆずみかん says:

    ホワイトボードの問題だけを見るとn=1でx=28,y=35のときx²+y²=2009ⁿを満たす自然数の存在が確認されてるので、これだけで題意を満たすのでは?と思いましたがどうなのでしょう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です