この記事の情報では渡辺 正 温暖 化について説明します。 渡辺 正 温暖 化に興味がある場合は、この【激論】IPCC報告書の執筆者2人が対立「地球温暖化は本当か?」の記事でComputerScienceMetricsを議論しましょう。

【激論】IPCC報告書の執筆者2人が対立「地球温暖化は本当か?」の渡辺 正 温暖 化に関連する内容の概要

下のビデオを今すぐ見る

このComputerScienceMetricsウェブサイトでは、渡辺 正 温暖 化以外の知識をリフレッシュして、より便利な理解を得ることができます。 ウェブサイトcsmetrics.orgで、私たちはあなたのために毎日毎日常に新しい情報を投稿しています、 あなたに最も詳細な価値を提供したいと思っています。 ユーザーが最も詳細な方法でインターネット上の知識を更新することができます。

いくつかの説明はトピックに関連しています渡辺 正 温暖 化

全編視聴はこちら(53分)▶︎10日間無料体験はこちら 学割(月額500円)はこちら昨年、IPCC が報告書を発表し、話題になりました。 そこで今回は、 が表示されます。 IPCC報告書の著者2人が、あらゆる統計データをもとに白熱した議論を繰り広げます。 地球は温暖化していますか? 災害は拡大していますか? 脱炭素化、政府の政策決定は何をすべきか? あらゆる角度から徹底的に意見が交わされます。 #地球温暖化 #脱炭素化 #気候変動

SEE ALSO  【センター物理】力学公式紹介 これでセンター物理は満点!! | 関連するコンテンツの概要物理 高校 公式最も詳細な

いくつかの写真は渡辺 正 温暖 化の内容に関連しています

【激論】IPCC報告書の執筆者2人が対立「地球温暖化は本当か?」
【激論】IPCC報告書の執筆者2人が対立「地球温暖化は本当か?」

あなたが読んでいる【激論】IPCC報告書の執筆者2人が対立「地球温暖化は本当か?」のコンテンツを理解することに加えて、Computer Science Metricsを以下に継続的に公開する記事を読むことができます。

ここをクリック

渡辺 正 温暖 化に関連するいくつかの提案

#激論IPCC報告書の執筆者2人が対立地球温暖化は本当か。

NewsPicks,ニューズピックス,ニュースピックス,加藤浩次,2sides,加藤浩次 NewsPicks,加藤浩次 ニューズピックス,加藤浩次 ニュースピックス,加藤浩次 newspicks,地球温暖化,気候変動,異常気象,災害,脱炭素,杉山大志,江守正多。

SEE ALSO  富山県民は要注意…!ついやってしまう高速15連発【行動/嫌われ者】 | 関連するすべての情報富山 人 は なぜ 嫌 われる のかが更新されました

【激論】IPCC報告書の執筆者2人が対立「地球温暖化は本当か?」。

渡辺 正 温暖 化。

Computer Science Metricsが提供する渡辺 正 温暖 化についての情報を使用して、より多くの情報と新しい知識が得られることを願っています。。 Computer Science Metricsの渡辺 正 温暖 化に関する情報を見てくれたことに心から感謝します。

33 thoughts on “【激論】IPCC報告書の執筆者2人が対立「地球温暖化は本当か?」 | 渡辺 正 温暖 化に関連する最も正確な情報をカバーしました

  1. Goo gle says:

    日経ビジネスオンラインでこの動画に出てる江守氏と議論したこともある田中博さんの題名「科学は噓をつかない。でも科学者は噓をつく」インタビューを読めば温暖化の本当の問題点が分かる。有料登録しないでもこの記事は無料で読めますよ。

  2. 山街巡る says:

    温室効果ガスの影響の大きさについて、懐疑的な意見もあるなか、国立環境研究所は地球温暖化による影響が甚大であるとして、一方的な情報を、ユーチューブを介して、流していますが、国立環境研究所が発するYou Tubeは国費で運営しているので、放送法第4条の主旨に照らして言えば、相反する意見とも議論して発信する必要がある。現状は一方的意見のみで違法性があると言わざるをえない。
     大半の温室効果ガスを排出している中国、アメリカが地球温暖化対策に取り組むとされているが、過去の取り組みに照らして推測すれば、今後も取り組むはずがない。日本はわずか3.2パーセントしか、排出していない状況の中、いくら日本が削減に努力しても、その効果は極僅かであり、費用対効果は限りなくゼロに近い。累計100兆円近くにも及ぶ温暖化対策費は国民一人当たり80万円にも及ぶことになるが費用対効果はほぼゼロではないか。太陽光パネル(ほぼ中国製)のお陰で電気代は高騰している。
     この施策は、日本国の国力を徹底的におとしめることを目的にする、欧米のグローバリストによる策略であり、完全にはめられている。
     今後もこれに取り組むと日本経済は更に落ち込み、日本国民の貧困化が深刻になる。又更に弱体化した日本を中国が占領して、中国の属国化に繋がると危惧している。現在、新疆ウイグル住民が受けているジェノサイドと同様の扱いを、将来、日本国民が受け中国の奴隷に繋がる危険性があり、国立環境研究所がその引き金を既に引いている。
     日本の領海侵犯を日常的に行う反社会国家中国と国立環境研究所は緊密な関係にあり、日本国を貶めていると疑っている。

  3. 松平高矩 says:

    「地球温暖化、Charles、BOILの法則」
    気象庁の報告書とパリ協定に焦点を当てた。各国が自主設定した温暖化ガスの排出削減目標は「全体的に達成の方向に進んでいる」と評価する一方、協定の「地球の気温上昇を産業革命前から2度未満に抑える」という目標達成には「ほど遠い」と分析しました。現状の取り組みでは2100年までに2.7度上昇するという。世の中に、世界にあまたあれど、これをすべて集め、それが二酸化炭素地球温暖化不明といえます。そもそも自然界に「温室効果・ガス」などというものは実在しない。エネルギーの再生など決してない。8200兆円を何に使うのか。二酸化炭素地球温暖化とは、金融派生商品取引(デリバティブ)といって、排出権取引、排出権デリバティブのこと。二酸化炭素なるものがあるわけではなく、権利を売買する証券取引です。そのビジネスモデル(排出権取引ヲ含む、京都メカニズムという)を決めたのが日本がさせられた「京都議定書」です。京都議定書、300兆円、そのすべてを日本が負担させられたのです。危機を煽ってるわけだから虚偽そのものです。アメリカはパリ協定離脱をきめたが、京都議定書にも参加しなかった。「温室効果」「温室効果ガス」とは、空の低温でそれより高温の地表を加熱するということ、これを=第二種永久機関という。もしそれの様なことが可能であるなら、暖房不要、エネルギー不要です。地球上のエネルギー問題は即刻解消されます。
    温室効果とは空の低温でそれより高温の地表を加熱する。極寒の大雪の時、部屋の窓を全開しておけば、エネルギーなしで、その寒気で室内を暖房できるということ。もはや火事を消すにも、水をかけて消火することはできない。とんでもない世界、それが第二種永久機関たる「温室効果」(再放射)なのです。
    「温室効果ガス排出量」の算出法とは<地球温暖化・寒冷化>とは、惑星・地球の表面温度たる【放射平衡温度;ー18℃、5500m/500hP】が、変化することです。地表ではありません人工衛星によってのみ測定可能です。
    「温室効果ガス」なるものは、放射平衡温度;ー18℃と、地表の温度:15℃の差33℃の説明がつかないことによるものです。この差は高度差5500「地球温暖化は5500m」
    気象庁の報告書とパリ協定に焦点を当てた。各国が自主設定した温暖化ガスの排出削減目標は「全体的に達成の方向に進んでいる」と評価する一方、協定の「地球の気温上昇を産業革命前から2度未満に抑える」という目標達成には「ほど遠い」と分析しました。現状の取り組みでは2100年までに2.7度上昇するという。世の中に、世界にあまたあれど、これをすべて集め、それが二酸化炭素地球温暖化不明といえます。そもそも自然界に「温室効果・ガス」などというものは実在しない。エネルギーの再生など決してない。8200兆円を何に使うのか。二酸化炭素地球温暖化とは、金融派生商品取引(デリバティブ)といって、排出権取引、排出権デリバティブのこと。二酸化炭素なるものがあるわけではなく、権利を売買する証券取引です。そのビジネスモデル(排出権取引ヲ含む、京都メカニズムという)を決めたのが日本がさせられた「京都議定書」です。京都議定書、300兆円、そのすべてを日本が負担させられたのです。危機を煽ってるわけだから虚偽そのものです。アメリカはパリ協定離脱をきめたが、京都議定書にも参加しなかった。「温室効果」「温室効果ガス」とは、空の低温でそれより高温の地表を加熱するということ、これを=第二種永久機関という。もしそれの様なことが可能であるなら、暖房不要、エネルギー不要です。地球上のエネルギー問題は即刻解消されます。
    温室効果とは空の低温でそれより高温の地表を加熱する。極寒の大雪の時、部屋の窓を全開しておけば、エネルギーなしで、その寒気で室内を暖房できるということ。もはや火事を消すにも、水をかけて消火することはできない。とんでもない世界、それが第二種永久機関たる「温室効果」(再放射)なのです。
    「温室効果ガス排出量」の算出法とは<地球温暖化・寒冷化>とは、惑星・地球の表面温度たる【放射平衡温度;ー18℃、5500m/500hP】が、変化することです。地表ではありません人工衛星によってのみ測定可能です。
    「温室効果ガス」なるものは、放射平衡温度;ー18℃と、地表の温度:15℃の差33℃の説明がつかないことによるものです。「コップ氷は溶けても溢れるない。北極の白熊は減っていない。サンゴ礁は減らない」事です。Charles、BOILの法則です。

  4. Goo gle says:

    昔IPCCがツバルは後数年で沈み人が住めなくなると言って、温暖化キャンペーンをやっていた。本当に信じた小学生の子供達が教師と駅でツバルの為に募金活動をしていたが、自分もその頃は信じてしまっていた。
    金の為に大人が純粋な子供達を騙すなんて、人として最低の行為だしまともな学者のやる事ではない。

  5. にゃんこ先生斑 says:

    日本ではこの100年に0.7度気温上昇との記事を読んだことがあります。原因は、ビルやコンクリート舗装によるヒートアイランド現象の影響や陽だまり効果の影響が大きく、例えば自然豊かな伊豆半島では、1度も上昇していないそうです。Co2で上昇しているなら全体的に上昇するのでは?

  6. 午後零時 says:

    子供の頃は30度で暑く感じたが、今は40度になる時代。

    それで、温暖化していないと平気で言える頭がおかしい。

    二酸化炭素が増えれば、大気中のエネルギーが増える。天候は大気エネルギーの揺らぎだから、暑くもなれば寒くもなり平均気温は増加する、これ当たり前。水槽やバケツの水を増やしたら出来る波が大きくなる、と同じ。

    まぁ、手遅れだから何をしても結果は同じ。温暖化で永久凍土が解けたり北極の氷が少なくなってメタンの供給が増えて、太陽エネルギーの大気内循環量が増えている事態なのだから。ドミノが倒れはじめる前までが勝負だったが、もう倒れ始めたので止められません。止められないのだから、生き残る方法を考える方が大切。未だに何とかなると考えているのだから、滑稽である。ちなみに宇宙移民は、人口生態系実験がとうの昔に失敗しています。今の環境保護は社会崩壊を抑える活動でしかありません。

    温暖化が進んだ場合、最悪の事態は眠れるメタンが大量放出され、酸素濃度が急低下する。人類絶滅なら諦めもつくでしょう?永遠に続いた生物なぞ地球史上存在しませんよね、それだけです。

  7. Mizukun says:

    グリシャ・イェーガー
    「どうして・・・・すべてを見せてくれないんだ・・・・。対談の続きをぉ!!地球の未来をぉぉぉ!!」

  8. ピロリン says:

    地球機軸の変動による 太陽光の地球反射とか関係ないのかな?
    南極の氷が減るのは 太陽光の当たりが良くなった?氷の反射熱による自爆www
    大気温度も変わりそうですけどね 素人なので CO2で温暖化システムの方が疑問しかないですwww

  9. 望月正人 says:

    人間がエネルギー清算しているから、温暖化しているように聞こえますが、そもそも地球人口が80億人になっています。食べてゲップして排出するだけで、どんだけ環境負荷をかけているか統計データありますか??呼吸するだけ、飲料水の確保、う○こでって処理して、どれだけエネルギーが必要なんでしょう。そこまで検証してから断定してもらいたいです。人類の存在自体が問題なら解列策はどうなりますか??

  10. zzz says:

    そもそも脱炭素って地球温暖化防止のためじゃなくてトヨタ潰すために欧州が仕組んだルールづくりだからね。 
    欧州って五輪でもそうだけど勝てないとなると勝手にルール変えちゃうふしがある 
    それに利用したのが温暖化ガー! ガソリン車を禁止することでトヨタを潰したいんだよ

  11. 三宅博 says:

    現実の平均気温の上昇が止まりません。
    理由としては間違いなく温室効果ガスの影響によるものでしょう。
    では地球上で誰が温室効果ガスをばら撒いているかというと、紛れもなく我々人類の生活・生産活動に行き着いてしまうので、これからも頭では分かっていても誰も止められないでしょう。
    結論から言うと、突然地球がミニ氷河期にでも突入しない限り、このまま温室効果ガス濃度の上昇により著しい生活環境の変化が訪れるのは間違いないでしょう。

  12. 雨あがる says:

    hk様 私を攻撃 馬鹿扱いするのはやめて頂けませんか。コメントの大半は残らない様に
    なってますが大人げないので。私の言ってる事は歴史資料館で見てください。
    又、昨日、テレビ朝日にて自然の力で莫大な被害、汚染について動画を交えて説明
    しております。 これは 過去もですが未来も発生するでしょう。

  13. 雨あがる says:

    温暖化と言われてますが平安時代はもっと暑かったと聞いてます。そのころの木材は年輪が大きいのは
    今より暑く二酸化炭素が多かったと考えられます。 又、私の住んでる地区の川の周りは海であった事が
    代々伝えられてるし、島で有ったが今は陸続きになってる場所もあります。それは全国でも多くそういう
    場所があるし歴史資料館にも記載されてる書物が有りますよ。又、そう言う場所を埋め立ても含めて広く
    して工場や住宅が出来てるので今より暑かったのは間違いないと思います。
    CO2が増えて温暖化になったのではなく 温暖化になったからCO2が増えたと思います。今の環境対策は
    誤りが多すぎる1つの例でEV車がそうです。今の電力設備ではむしろ環境に悪くなりますから。もっと
    中身のある方針や仕事をして欲しいですね。

  14. 神通カッパ says:

    地球温暖化を議論しようとすると 過剰にそれを否定する人の なんと多い事か

    そもそもそれを議論する事や議題が温暖化ガス排出削減に触れよう物なら暴力的な

    罵声を浴びせられる この不自然な状況こそが諸悪の根源であり
    身で身を食らう 因果応報となりましょう。

  15. 松永チャオ says:

    ほぼ意味のないレジ袋有料を義務化したり、太陽光パネルを義務化したり(わかりやすく議論したんか!)電源を議論しないで電気自動車を推進したり(原発はCO2でないのか!)
    そういう都合のいいことばかりやってるから、気に入らねえな!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です