この記事では、そのコンテンツの対数 表について明確にします。 対数 表について学んでいる場合は、csmetrics.orgこのかけ算がめんどくさいなら…【常用対数表の利用】の記事で対数 表を分析してみましょう。

かけ算がめんどくさいなら…【常用対数表の利用】の対数 表に関連する一般情報最も正確

下のビデオを今すぐ見る

SEE ALSO  【大学数学】テイラー展開の気持ち【解析学】 | マクローリン 展開に関する最も正確な知識の概要

このcsmetrics.org Webサイトでは、対数 表以外の知識を更新して、より便利なデータを自分で把握できます。 Computer Science Metricsページでは、ユーザー向けに毎日新しい正確なコンテンツを常に投稿しています、 あなたのために最も正確な知識を提供したいと思っています。 ユーザーがインターネット上の知識をできるだけ早く更新できる。

対数 表に関連するいくつかの情報

数式変換チャンネルでは、学習目的で数学の動画をアップロードしています。[Sub-ch]胡屋秀樹[Sub-sub-ch]ギセンクラスの準備[Twitter][Blog]数学ブログ

対数 表に関する情報に関連するいくつかの写真

かけ算がめんどくさいなら…【常用対数表の利用】
かけ算がめんどくさいなら…【常用対数表の利用】

読んでいるかけ算がめんどくさいなら…【常用対数表の利用】に関する情報を見つけることに加えて、csmetrics.orgが毎日下に投稿した他の情報を見つけることができます。

SEE ALSO  【線形代数#28】内積・絶対値 ~定義と性質~ | 線形 代数 内積に関するドキュメントの概要

今すぐもっと見る

対数 表に関連するキーワード

#かけ算がめんどくさいなら常用対数表の利用。

大学数学,数学。

かけ算がめんどくさいなら…【常用対数表の利用】。

対数 表。

対数 表の内容により、Computer Science Metricsがあなたにもっと多くの情報と新しい知識を持っているのを助けることを望んでいることを願っています。。 Computer Science Metricsによる対数 表に関する記事をご覧いただきありがとうございます。

SEE ALSO  【数学】中3-46 相似の証明チャレンジ Lv.1 | 相似 証明 問題に関する一般的な知識が最も完全です

29 thoughts on “かけ算がめんどくさいなら…【常用対数表の利用】 | 対数 表に関する一般的な知識が最も詳細です

  1. MasaYuki says:

    常用対数は電子工学では日常的に使いますね。
    3dB->約2, 4dB->約2.5, 5dB->約3.2を覚えておけばすべての値を感覚的に把握できます

  2. しおやのめ says:

    ホント、教養として身に付ける数学って、いろんな計算ができることではなく、どういったときに対数が役に立っているのか、具体的に知ることのほうが大切な気がします。

  3. しおやのめ says:

    感激!そう、この過程が必要なんですよね。これでまた一歩対数の理解が進んだ気がします。

  4. R すっぽん says:

    電卓で計算したら、
    2^√2=2.66514414でした。
    2.66来いよ良いよでした。
    動画では汚い部分を隠してくれたんですね✨✨

  5. i-DCDHEV wakadori says:

    マリーアントワネットを血祭りに上げたフランス市民の気持ちが理解できたぜ…

  6. マカライト鉱石 says:

    ゆたぽんが「掛け算なんて出来んでええ」って言ってたけど、ゆたぽんは常用対数表を全部暗記してるからなんだよなぁ。

  7. Gerhard Müller says:

    どーやら常用対数は対数部分が2、3、7だけ近似値覚えとけばあとはそれらを使った変形ですべての正数を近似できるらしいです

  8. Mr. Strauss says:

    現代版だとフーリエ変換ですかね
    円周率の計算でおなじみのスーパーπなんかもπの計算自体はガウス・ルジャンドル法で計算していますが
    掛け算の高速化に離散フーリエ変換・逆変換を用いてるそうです

  9. 忍たま乱太郎 says:

    私は60過ぎの爺さんですが、中学生の時、計算尺検定3級に合格しました(中学生で受かるのは珍しく全体の場で表彰された記憶があります)。当時電卓は世に出ておらず計算する手段が計算尺しか無くて独学で頑張りました。今の人たちは計算尺なんて見たこともないでしょうが、慣れるとかけ算、割り算は瞬時に出来るようになります(近似値ですが)。これで高校化学のモル計算や滴定の計算がすぐに出来て人の倍くらいの早さで問題を解き常に良い点を取っていました。
    アポロ13号が地球の大気圏に再突入する際コンピュータが壊れてしまってたので、突入角度を計算尺で求めていたのには衝撃を受けるとともに嬉しくなりました。

  10. pec5136685 says:

    ふと思いましたが、初期の動画に比べて声のトーンが上がってたり、ハキハキ話されてるように感じますね😀

  11. yuuki nishimura says:

    常用対数表をほとんど全部覚えている人がファインマンの知り合いにいるそうです

  12. 31歳男ニート says:

    コンピューターにオーバーフローするような計算をさせるときに
    lnとeを使ったりします。

  13. MT 数学・数学史 says:

    所謂、天文学者の寿命を倍にしたとBriggsに言わしめた対数ですね。それまでも三角関数表はプトレマイオス以来あったようですが、やはりネイピアの大発明ですね。ちなみに両者は直接交流もあったようですよ。

    計算機のスーパー発達した今となっては積が和に変換されるということで、抽象の枠組みの中では群準同型を導く程度にしかみられていない嫌いがありますが、とてもpractical なものであったことは知っておきたいですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です