記事はロンドン 分散 力を明確にします。 ロンドン 分散 力に興味がある場合は、Computer Science Metricsに行って、このロンドン分散力の記事でロンドン 分散 力を分析しましょう。

ロンドン分散力のロンドン 分散 力に関する関連するコンテンツの概要最も正確

下のビデオを今すぐ見る

SEE ALSO  【数A】確率 第1回「確率の基本性質」 | 最も正確な確率 の 基本 性質コンテンツをカバーしました

このComputerScienceMetrics Webサイトでは、ロンドン 分散 力以外の他の情報を更新して、より価値のあるデータを自分で取得できます。 ComputerScienceMetricsページでは、ユーザー向けに毎日新しい正確なコンテンツを絶えず更新します、 あなたのために最も完全な知識を提供したいと思っています。 ユーザーが最も詳細な方法でインターネット上の情報を更新することができます。

ロンドン 分散 力に関連する情報

London Dispersion Force, by Wikipedia / CC BY SA 3.0 #Force_(Natural Science) #Atomic #Molecular #Eponym Argon Dimer の相互作用エネルギー。 長距離部分の説明は、ロンドンの分散力によるものです。 ロンドン分散力(ロンドン分散力)は、極性分子のような一定の電荷や多重極子ではなく、分子や原子で量子論的に発生する一時的な電気双極子です。 分子間の引力によって生じる弱い分子間力です。 フリッツ・ロンドンが指摘。 これは単に分散力、ロンドン力、または瞬時双極子誘起双極子相互作用と呼ばれます。 ファン デル ワールス力は、狭義のロンドン分散力とも呼ばれます。 量子論では、電子は分子内に確率論的に分布しています。 したがって、非極性分子であっても、電子が均一に分布しない可能性が高くなります。 電子分布が一様でない場合、一時的な多重極子が分子内に発生します。 この多重極子は、近くにある他の一時的な多重極子と相互作用します。 したがって、ロンドン力は非極性分子で生成されます。 ロンドン力は極性分子にも存在しますが、極性分子の永久双極子相互作用が全相互作用の大部分を占めているため、ロンドン力の重要性は低くなります。 相互作用の大きさについては、分子間力を参照してください。 分子内の電子密度は、他の多重極子の影響下でさらに再分布されます。 たとえば、電子は正電荷の近くに引き寄せられ、負電荷から遠ざかります。 したがって、分子内の過渡的多重極は、近くの極性分子または別の非極性分子内の過渡的多重極によって誘導されます。 前者は一般に励起双極子と呼ばれ、ロンドン力と区別される。 ロンドン力は、ヘリウムなどの中性原子間の唯一の長距離引力であり、窒素やメタンなどの非極性分子 (分子内の原子間ではない) 間の支配的な引力です。 ロンドンの力がなければ、希ガス間に引力はなく、液体ヘリウムのような液体を得ることができません。 分子間の普遍的な引力(重力相互作用)は非常に小さいため、分子の物理的および化学的性質に影響を与えず、液体ヘリウムを得るには不十分です。 問題の原子または分子が大きくなるにつれて、ロンドン力は強くなります。 これは、電子分布が不均一になりやすいためです。 たとえば、ハロゲン分子間のロンドン力は、昇順でフッ素 (F2)、塩素 (Cl2)、臭素 (Br2)、およびヨウ素 (I2) です。 これは、フッ素と塩素が室温で気体であるのに対し、臭素は液体でヨウ素は固体であるという事実にも対応しています。 ロンドン力も分子の表面積が大きくなるほど強くなり、分子間距離が近くなります。

SEE ALSO  【中学数学】平均値~度数分布表から求める方法~【中1数学】 | 平均 値 求め 方 簡単に関連するすべてのドキュメントは最も正確です

ロンドン 分散 力に関する情報に関連する写真

ロンドン分散力
ロンドン分散力

学習しているロンドン分散力に関する情報を読むことに加えて、ComputerScienceMetricsを継続的に更新する他の記事を検索できます。

最新情報を表示するにはここをクリック

ロンドン 分散 力に関連するキーワード

#ロンドン分散力。

力 (自然科学),原子,分子,エポニム。

ロンドン分散力。

ロンドン 分散 力。

SEE ALSO  座標平面 円 角度  | 関連するすべての情報座標 角度最も詳細なもの

ロンドン 分散 力の内容により、csmetrics.orgがあなたがより多くの情報と新しい知識を持っているのを助けることを願っています。。 ComputerScienceMetricsによるロンドン 分散 力に関する記事をご覧いただきありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です