この記事の内容は金属 融点を中心に展開します。 金属 融点を探している場合は、この最も融点が高い元素を溶かしてみたの記事でこの金属 融点についてComputerScienceMetricsを探りましょう。

最も融点が高い元素を溶かしてみたで金属 融点の関連ビデオを最も詳細に説明する

下のビデオを今すぐ見る

このcsmetrics.orgウェブサイトでは、金属 融点以外の情報を更新して、より便利な理解を得ることができます。 ComputerScienceMetricsページでは、ユーザー向けに毎日新しい正確なコンテンツを常に投稿しています、 あなたのために最も完全な価値を提供したいという願望を持って。 ユーザーがインターネット上の情報を最も完全な方法でキャプチャできるのを支援する。

SEE ALSO  【会費の消費税判断】ロータリークラブやライオンズクラブの会費/入会金に消費税はかかるのか?カード年会費・商工会議所会費は? | 会費 課税に関連するすべての知識が最も正確です

トピックに関連するいくつかの情報金属 融点

融点が一番高い元素を溶かせますか? アマゾンのリアル元素周期表の元素分析結果… ネットで買った楕円形コインの元素分析 ニセモノなら硝酸溶解 元素番号17「塩素」 光で爆発する元素 ★実験グッズショップ「GENKI」 LABO』 ★当チャンネルの会員になると特典が受けられます ★サブチャンネル「GENKI LABO 科学準備室」 ★実験ファンクラブ「科学実験王国」 目指せ科学遊園地 一緒に実験を考えよう!小学生向け」(毎日の生活に役立つ科学が満載) 「科学脳がぐんぐん育つ! 魔法科学実験図鑑』(おうちでできる理科実験) 『お家でできる楽しい実験!初公開なのでリマインダー! ※他の曜日もアップします! いちおかげんき INSTAGRAM FaceBook HP コラボ・お仕事依頼はこちら→ info@m2cscience.com[Address to send letters and gifts]〒104-0061 東京都中央区銀座6-13-16 銀座ウォールビルUFC5階「株式会社GENKI LABO 挿入曲:楽曲提供:LAMP BGM エンディングBGM 等

SEE ALSO  【キソマス】省略されたイオン…!?イオン反応式を化学反応式に!【登下校化学】【化学基礎】 | イオン 反応 式 から 化学 反応 式に関連する一般的な文書が最も正確です

金属 融点に関する情報に関連するいくつかの写真

最も融点が高い元素を溶かしてみた
最も融点が高い元素を溶かしてみた

学習している最も融点が高い元素を溶かしてみたに関する情報を表示することに加えて、csmetrics.orgが毎日下の公開している詳細情報を調べることができます。

詳細を表示するにはここをクリック

金属 融点に関連するキーワード

#最も融点が高い元素を溶かしてみた。

科学,実験,面白実験,自由研究,元気先生,理科,学校,possibility of science,science unique challenge,science challenge。

最も融点が高い元素を溶かしてみた。

金属 融点。

SEE ALSO  重力に反する物質 ネットで中国から買ってみた結果・・・ | 磁石 水に関する情報を最も正確にカバーします

ComputerScienceMetricsが提供する金属 融点に関する情報を使用して、より多くの情報と新しい知識を持ち、価値をもたらすことを望んでいることを願っています。。 ComputerScienceMetricsの金属 融点の内容を見てくれてありがとう。

21 thoughts on “最も融点が高い元素を溶かしてみた | 金属 融点に関する情報の概要最も詳細な

  1. GENKI LABO says:

    今回はとりあえず手元にあった融点が高い物質を溶かしてみようと思ってあまり調べずに実験してみたので色々と間違いがあったようで失礼しました!教えていただきありがとうございます。
    最後のは融解でも昇華でもなくて燃焼ですかね?どちらも融解させるのであれば無酸素化で次回はチャレンジしてみたいと思います。どのようにすれば成功しそうかご存知の方教えていただければ幸いです🙇‍♂️
    また今回は融点の高い『元素』でしたが、最も融点の高い『物質』知っている方いれば次回チャレンジしてみますのでコメントいただければ嬉しいです!

  2. kazuki says:

    こんなに融点高かったり硬い金属を綺麗な状態に加工してる人達って本当に凄いんだなと思います。

  3. Nakatsugawa Subaru says:

    ハフニウム‐炭素‐窒素の三元系Hf-C-Nセラミックは、融点が4200℃なので、化合物の中では最高で、元素のタングステン(3655℃)以上になります。因みに、研究所でダイヤモンド薄膜を作っていたとき、たまたまタングステンの丸棒を待機中で水素の還元炎で炙っていたら、シリコンウェハー上に、WO3(三酸化タングステン)のナノパーティクルを作ることができましたが、現在ではナノスケール半導体回路やパワー半導体、電極材料、高充電速度を持つ半導体電池の材料になっています。

  4. さんたくん says:

    広島の原爆の被害者で影だけが残った方がいましたが、一瞬で炭化して昇華してしまったのか、、! そんな兵器を持たないと平和を維持出来ない。

  5. 猫山ねここ says:

    みんなDr.STONE好きだなぁ。私も好き。この世の物質、それぞれ特徴あって面白すぎる。ほんと唆るぜこれは!

  6. 𓇼𓆡𓆉 says:

    ふだん仕事でタングステンつかって鉄やステンレスやアルミを溶接してます

  7. 愛人マグ太郎 says:

    動画で使われてるプロパンのバーナーとガス溶接なんかのアセチレンのバーナーだとどちらが高い温度が出せるんですか?

  8. ああ says:

    レンガは液体にならないんですか
    酸素バーナーの口の金属は溶けないんですか?

  9. #お城 says:

    少しやってみてほしいことがあるのですがその酸素バーナーで砂をしばらく炎を当てるとどうなんのでしょうよかったらやってみてください!あとなんですが名前などは写していいですよ

  10. ロマーニぱにぱに says:

    ダイヤモンドは昇華したのでは無く
    燃焼で酸化したのでは?
    状態変化じゃなくて化学変化ですよね?
    Cのまま昇華じゃなくてCO2へ酸化

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です