この記事の内容は、業務 用 ドローンの明確化を更新します。 業務 用 ドローンに興味がある場合は、csmetrics.orgこの業務用ドローン 最大総重量100kg drone記事で業務 用 ドローンについて学びましょう。

業務用ドローン 最大総重量100kg droneの業務 用 ドローンの関連する内容を最も詳細にカバーする

下のビデオを今すぐ見る

このComputerScienceMetricsウェブサイトを使用すると、業務 用 ドローン以外の他の情報を更新することができます。 ウェブサイトComputerScienceMetricsで、私たちはあなたのために毎日毎日常に新しい情報を更新します、 あなたに最高の知識をもたらすことを願っています。 ユーザーが最も詳細な方法でインターネット上のニュースを把握できるのを支援する。

トピックに関連するいくつかの情報業務 用 ドローン

株式会社サイトテック www.saitotec.com 会社概要 業務用ドローン 最大総重量 100kg ペイロード 30kg お問い合わせ 0556-48-8378

SEE ALSO  【毎日Python】アルファベットや文字を数字(アスキーコード)に変換する方法|ord | 関連ドキュメントの概要アルファベット 数字 変換新しいアップデート

業務 用 ドローンの内容に関連するいくつかの写真

業務用ドローン 最大総重量100kg drone
業務用ドローン 最大総重量100kg drone

視聴している業務用ドローン 最大総重量100kg droneに関する情報を表示することに加えて、csmetrics.orgが継続的に公開する他のコンテンツを検索できます。

ニュースの詳細はこちら

業務 用 ドローンに関連するキーワード

#業務用ドローン最大総重量100kg #drone。

[vid_tags]。

業務用ドローン 最大総重量100kg drone。

業務 用 ドローン。

SEE ALSO  それ自分の人生を放棄してない?簡単に他人に支配されます。どうしたらいいのか? どう生きたらいいのかわからないあなたへ。 | 新しく更新されたどう 生き れ ば いい のか わからないコンテンツの概要

業務 用 ドローンの内容により、csmetrics.orgがあなたにもっと多くの情報と新しい知識を持っていることを助け、それがあなたに価値をもたらすことを望んでいることを願っています。。 ComputerScienceMetricsの業務 用 ドローンについての知識を見てくれて心から感謝します。

40 thoughts on “業務用ドローン 最大総重量100kg drone | 最も正確な関連コンテンツの概要業務 用 ドローン

  1. けんいち かわえ says:

    ウクライナの最前線に糧食や弾丸を輸送するのに使えそう
    と、言う事は自衛隊に売り込むチャンスじゃないですか?
    後、山岳救助用とかも考えてもらえるといいかもです 
    捜索、発見時にビーコン発信機投下、食料の投下とか使えると思うのですがどうですか?

  2. mizu says:

    そのうち、救急車くらいの車を運べるようなドローンが出来たら、ドクターヘリの代わりに使えるようにならないかな!?
    ドクターヘリの方が安い!?
    なんか、サンダーバードの2号機を連想しちゃった。

  3. satoshigpc says:

    人間吊るして持ち上げる出力のドローン出してください、、、バイク位の値段で

  4. ゲルググチャンネル says:

    飛行時間が19分だと実測15分程度でしょうか。往復を考えれば片道8分弱ですか。

    60km/hで飛行したとして移動距離は片道8km。かなり使用用途は限られますね。
    まあペイロードを抑えればその分飛行時間は伸びるんでしょうが。
    バッテリーの飛躍的進化はすぐには望めないので無線充電基地みたいなインフラ整備をすすめていくほうがいいかも。

  5. 転造ネジ says:

    19分😱😱😱😱普通にエンジンヘリコプターの方がよくね?最高65キロってレ-スですか?もっと滞空時間を!

  6. zad910 kmb441 says:

    いくらするのか知らんが、畑から軽トラまで運ぶのに使うにはコスパ悪すぎんだろ(笑
    20分でバッテリー切れするし、そもそもコイツ自体が90kgもあるんだから、軽トラに積んで畑まで運ぶのが一苦労だろ(笑
    そもそも、軽トラの積載量って350kgなのに、既にドローンで90kg使われてしまうし(笑
    畑の真ん中でバッテリー切れたら、90kgもあるコイツを人力で運ばないといけないとか、本末転倒過ぎて笑うしか無い。

  7. 風雷万三 says:

    先日の台風19号で崩壊して不通となった山梨県の県道復旧に大型ドローンが活躍と言うニュースがあったけど、場所と運搬量から多分にここで開発したドローンを使ってるんだろうな。

  8. noritoshi sasada says:

    非常に興味あるプレゼンでした。飛行時間の改善は今後の検討余地があるように思います。
    飛び物は全てそうですが、如何に軽量化するかにかかっています。

  9. SNOW SAMURAI says:

    顔がとても可愛くて足指がとても酸っぱい女子を早く発見できるドローンの開発を!😤✊

  10. 言動には責任を伴う says:

    YOROIシリーズは将来性はある。
    それは間違いない。
    しかし基本スペックの向上は必須だな。
    19分しか飛べなかったり、風に弱いのはマイナスだな。
    更なる努力は必要でしょう。
    しかしKATANAシリーズは実にいい。
    これは使えそう。

  11. やんとくん2 says:

    一人糊の乗り物は作れないのかなあ?背中に背負って山の上まで飛んでいけるとか?60ロータぐらいで、電動にこだわらずガソリンエンジンでもいいけど

  12. 80project says:

    せめて2時間くらい飛行できないと農業用なんか使えない。
    バッテリーなんかあっても足りひんぞ

  13. 臭 金的 says:

    おおよそ2リットルペットボトル15本くらいまで運べるんだ
    最大の見通し飛行距離や飛行時間どれくらいだろう
    将来、バッテリーが発達すればもっと運べるね

  14. トオル鷹山 says:

    何かのコマーシャルでサラリーマンがドローンで飛んで帰るのやってたけど、それも現実に近くなって来た感じで未来が楽しみ(^_^)

  15. jitter xross says:

    横風に弱いpitch固定のマルチコプターだけでなく、通常ヘリのようなpitch可変できるタイプやオスプレイみたいなものも
    開発して欲しいなぁ

    数十年前からあるヤマハあたりのヘリに比べると、飛行時間や航続距離は、まだお話にならないオモチャの域をでないよね

  16. 木村竜也 says:

    サイズを2倍にして動力をエンジンにしたらもう人が乗れるんじゃない

  17. Hodaka K says:

    良いですね。
    農業用ドローンを検討しているのですが、こちらはブレード一つ破損しても自動的にリターンして自動着陸する機能は採用されてますか?
    また、世界的に広がる農業分野での応用では自動ルートで散布するのが広まりつつありますが、こちらでは対応できているのでしょうか?(法的な部分は除いて)
    日本の農業も高齢化が進んで一人あたりが管理する面積が広くなってきています。広く出来ないところは辞めていっているので。
    大抵の機種のペイロードは10kgがメインで15kgがちらほら出てきましたが、30kgはまだ見たことがありません。
    ペイロードが大きいということは、基本的に軽くしやすい農薬と違い肥料なども散布対象にしやすくなります。
    今後にとても期待します。

  18. atarcazer says:

    ドローンじゃなくてもアメリカじゃ耕運機や農作業がGPSつきで人がいなくても作業できるようになってる
    家族総出で農作業なんかしてる日本には勝ち目がないよ
    ドローンも進めていくべきだとは思うけどまずその前にやることあったんじゃないかと思う

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です