この記事では、分岐 回路に関する情報を明確に更新します。 分岐 回路について学んでいる場合は、ComputerScienceMetricsこの電気工事士受験・やさしく学ぶ分岐回路の設計の記事で分岐 回路を分析してみましょう。

電気工事士受験・やさしく学ぶ分岐回路の設計更新の分岐 回路に関する関連情報の概要

下のビデオを今すぐ見る

SEE ALSO  流体力学第11回「連続の式」【機械工学】 | 関連するコンテンツの概要連続 の 方程式最も詳細な

このcsmetrics.org Webサイトを使用すると、分岐 回路以外の知識を追加して、より有用なデータを自分で把握できます。 ウェブサイトcsmetrics.orgでは、毎日新しい正確なニュースを常に更新します、 あなたのために最も正確な知識を提供したいという願望を持って。 ユーザーが最も詳細な方法でインターネット上のニュースをキャプチャできます。

分岐 回路に関連するいくつかの説明

今回は「やさしい電気技師」が分岐回路の設計について解説します。 分岐回路の設計に関しては、「分岐回路の過電流遮断器の設備」に関する規定と、「過電流遮断器と電線・コンセントの組み合わせ」に関する規定の2つがあります。 どちらもほぼ暗記されており、内容は非常に頻繁です。 ルールの理論も説明し、過去問を使って使い方を実践的に解説します。 スコアソースとしても重要になりますので、控えていただきたいと思います。 2級電気技師、1級電気技師受験生だけでなく、3級電気技師受験生にもおすすめの内容になっていますので、ぜひご覧ください! 「わかりやすい電気技師」のプレイリストはこちら! 一般財団法人日本エネルギー管理センターの電気工事士2級講習会はこちら! 東京、神奈川、埼玉、千葉、名古屋、大阪で開催! 昨年度の2級電気技師ワークショップのサンプル動画はこちらからご覧いただけます!

SEE ALSO  【高校 数学Ⅲ】 極限28 対数関数の極限 (20分) | 対数 関数 極限に関連するすべてのドキュメントが最も詳細です

一部の画像は分岐 回路のトピックに関連しています

電気工事士受験・やさしく学ぶ分岐回路の設計

学習している電気工事士受験・やさしく学ぶ分岐回路の設計に関する情報を見つけることに加えて、ComputerScienceMetricsがすぐに継続的に更新される他の記事を見つけることができます。

今すぐもっと見る

一部のキーワードは分岐 回路に関連しています

#電気工事士受験やさしく学ぶ分岐回路の設計。

第2種電気工事士,第二種電気工事士,電気工事士,許容電流,幹線,配線用遮断器。

電気工事士受験・やさしく学ぶ分岐回路の設計。

分岐 回路。

ComputerScienceMetricsが提供する分岐 回路の知識を持って、あなたにそれがあなたに価値をもたらすことを望んで、あなたがより多くの情報と新しい知識を持っているのを助けることを願っています。。 csmetrics.orgの分岐 回路の内容を見てくれてありがとう。

SEE ALSO  非反転増幅回路 | 非 反転 増幅に関するすべての情報が更新されました

12 thoughts on “電気工事士受験・やさしく学ぶ分岐回路の設計 | 分岐 回路に関する最も正確な情報の概要

  1. tena sama says:

    9:20あたりからのIVとVVFへの許容電流の関係がよくわかりません。JCSの許容電流に30℃の補正をかけても大分ずれるようですが、考え方を教えていただければ。

  2. しょーた吉田 says:

    分かりやすい解説非常に助かります。
    この手の問題は単相を想定している印象なのですが、
    これは動力コンセントでも同じ考えで設計して良いのでしょうか。

    接続する機器がモーター負荷の場合、突入電流を考慮してブレーカーを大きめにする印象なのですが、
    そうするとこの問題と考え方が合いません。その場合はまた考え方が違うのでしょうか。

  3. ゾロピン says:

    例題、昨年の下期の問10の方ですが、
    まず30Aの遮断機を使ってるので15Aのコンセントのイ,ロは消せる。
    ハとニを比べると、電線の許容電流値は考えず、単にどちらの線径の方が安全か(=どちらの方が太いか)で考えてニを特定しました。
    もちろん、各電線の許容電流値を覚えたつもりではいますが、もし間違えて覚えてたら、、と思うと、この手の問題はこの考えで解いてますが、やめた方がいいでしょうか。。。

  4. y-0-y says:

    大変わかりやすい動画、ありがとうございます。
    質問させてください。
    なぜ20AのブレーカーにVVF1.6-3C=19AでOKなのでしょうか?
    実はずっと疑問なのです。
    どうぞよろしくお願いします。

  5. たぬきのむじな says:

    過去問の10ですが、先にコンセントはブレーカーのAの1ランク下までokと覚えていれば、選択肢をだいぶ消せますね!あとは20Aが2,0mmを覚えて入れば楽勝でした!参考書だけだと解りづらかったので、この解説はかなり助かりました!

  6. イオ says:

    電流減少率が3本までと前提で電線の太さが決められていますが4本、5本と増える可能性は考慮しなくていいのでしょうか?

  7. Kazuhiko Suzuki says:

    こういうお話を聞かせてもらうと、資格を取っただけでは何にもならない、と痛感させられます。
    実際に現場で装置に手を触れないと、机上論で終わってしまう。
    泥臭かろうが、愚直に物と対峙することが一番なのだろう、と独り想う酔いちくれです。

  8. T ha says:

    この動画は分岐した細い幹線に施設する過電流遮断器の省略とはまた別なのでしょうか?

  9. へんしゅうちょーMAD says:

    質問させてください🙇‍♂️
    分電盤から3m以内の電線の太さはいくつでも良い、細くて構わないと仰っていますが、20【A】は流せる電線じゃないとダメって事でよろしいですかね🙇‍♂️?

  10. kurakuraman 32 says:

    コンセントは一つ下までということは、20Aの遮断機に対して15Aのコンセントを接続すると15A<負荷<20Aのとき遮断機で保護されないにも関わらずコンセントの定格を超えている状態が続き、コンセントが焼ける等が起き得ると思います。逆にコンセントの定格が大きい方が安全と思うのですが、なぜこうなるのでしょうか?覚えるしかないでしょうか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です