この記事の内容はアルミニウム 精錬を中心に展開します。 アルミニウム 精錬に興味がある場合は、この【ゆっくり】アルミニウム資源をゆっくり解説。世界一のボーキサイト鉱山も紹介します。の記事でアルミニウム 精錬についてComputerScienceMetricsを探りましょう。

【ゆっくり】アルミニウム資源をゆっくり解説。世界一のボーキサイト鉱山も紹介します。でアルミニウム 精錬に関する関連情報を最も詳細にカバーする

下のビデオを今すぐ見る

SEE ALSO  【素早くマスター!!】化学反応と触媒(活性化エネルギー・活性化状態・均一系触媒・不均一系触媒)〔現役塾講師解説、高校化学、化学基礎〕 | 均一 触媒に関するコンテンツの概要最も正確

このComputer Science Metricsウェブサイトを使用すると、アルミニウム 精錬以外の知識を更新して、より貴重な理解を得ることができます。 csmetrics.orgページでは、ユーザー向けに毎日新しい正確なコンテンツを投稿します、 あなたに最も詳細な知識を提供したいという願望を持って。 ユーザーがインターネット上で最も完全な方法で思考を追加できます。

アルミニウム 精錬に関連するコンテンツ

地質学者がアルミニウムと鉱石ボーキサイトについて説明します。 ボーキサイトを構成する鉱物、ボーキサイトの産出、世界一のボーキサイト鉱山、ボーキサイトからのアルミニウム製錬について紹介します。 ランキングで使用されているボーキサイト産出国のデータとアルミニウム生産データは、米国地質調査所の Mineral Commodity Summaries 2022 の 2020 年の最終値です。 世界最大のボーキサイト鉱山であるウェイパ鉱山については、リオティント社の以下のサイトを参考にしました。 #スローコメント #資源 #ランキング #原産国 #アルミ #ボーキサイト

SEE ALSO  Do you think chemical engineering is worth all that work???! | journal of chemical engineering of japanに関するすべての情報

一部の写真はアルミニウム 精錬に関する情報に関連しています

【ゆっくり】アルミニウム資源をゆっくり解説。世界一のボーキサイト鉱山も紹介します。
【ゆっくり】アルミニウム資源をゆっくり解説。世界一のボーキサイト鉱山も紹介します。

読んでいる【ゆっくり】アルミニウム資源をゆっくり解説。世界一のボーキサイト鉱山も紹介します。に関する情報を発見することに加えて、ComputerScienceMetricsを毎日下に投稿する他の情報を調べることができます。

ここをクリック

アルミニウム 精錬に関連するキーワード

#ゆっくりアルミニウム資源をゆっくり解説世界一のボーキサイト鉱山も紹介します。

[vid_tags]。

【ゆっくり】アルミニウム資源をゆっくり解説。世界一のボーキサイト鉱山も紹介します。。

アルミニウム 精錬。

Computer Science Metricsが提供するアルミニウム 精錬の知識を持って、あなたにそれがあなたに価値をもたらすことを望んで、あなたがより多くの情報と新しい知識を持っているのを助けることを願っています。。 Computer Science Metricsのアルミニウム 精錬についてのコンテンツを読んでくれて心から感謝します。

SEE ALSO  【高校化学】 無機物質06 酸素とオゾン (14分) | 酸素 構造 式に関連する一般的な内容

23 thoughts on “【ゆっくり】アルミニウム資源をゆっくり解説。世界一のボーキサイト鉱山も紹介します。 | 最も関連性の高いドキュメントの概要アルミニウム 精錬

  1. Lance says:

    パワー半導体で利用される窒化ガリウム等は、アルミニウムの製錬過程の副産物としてガリウムも生産されるのでしょうか?

  2. Masu You says:

    父が日本軽金属KKだったので、ボーキサイト、アルミナ、電解(蒲原工場)等々の工場見学をしました。
    アルミの歴史、社会科学、工業化学を身にしみてよく勉強しました。

  3. Yusuke Fire says:

    とても勉強になりました
    凄く丁寧にかつ、面白くまとめて頂いていたので、とてもよくわかりました
    他の動画も是非また拝見させてください

  4. 頻尿 八味地黄丸 says:

    アルミニュウムは電気の金属といわれるくらい精錬に電気をたくさん使うと知っていましたが、この動画でなぜかわかりました。ありがとうございます。

  5. まけいぬp says:

    会社でアルミを扱ってるから原材料費高騰が痛い痛い…
    生産国を見ると事情が複雑な所ばっかりで高くなるのも納得
    地球上に沢山ある資源なのに自給自足できないのはジレンマだねえ

  6. Se Pa says:

    中学地理でみんなが悩む謎の物質ボーキサイトw
    教師はなぜ教えてくれなかったのか。教師自身も良く分かっていなかったのか?

  7. 天然むすめ says:

    アルミニウムの製造過程初めて知った。
    昔 勤めていた会社の資材置き場にアルミのインゴットが山積みされてたから元々銀色の鉱物かと思ってた。
    鋳造部門で溶かしているとき粉みたいの撒いてたのであれが氷晶石だったのかな。
    アルミが1200℃マグネシウムが800℃だったかな?逆だったかな?
    別部門だったので当時は暑そうな現場だな位にしか思わなかったけど今更興味湧いてきました。

  8. Kanakana Kanakana says:

    ホールエルー法に使う氷晶石はグリーンランドのイヒドゥートで採掘されていましたが、埋蔵量が底を尽き今はゴーストタウンになってしまったみたいな話が化学の新研究?(高校の参考書)に書いてあったような気がします。金属資源のサプライチェーンは複雑で興味深いですよね〜。動画も最高でした。

  9. トリプルネクスト says:

    小学生の社会の教科書で、日本はインドネシアからボーキサイトを輸入していますと習ったが、その時は何のこっちゃと思っていましたが、良く分かりました😄

  10. Miki Nanase says:

    日軽金蒲原工場でのアルミ精錬事業は自前の水力発電所で採算度外視かつ小規模で行われていたんですが、閉鎖は残念です。
    日本国内の地金価格はNSP(New Standard Price)で決まるのですが、現在はキロ単価500円近くまで上がっていて驚いています。
    色々な新しい金属(実際は合金)が登場しても経済性や加工性でアルミニウムに優るものはなかなか出て来ないですね。
    とっても良い動画でした!

  11. akanarum D.K.K says:

    動画中でアルミ鉱石でのモース硬度の言及を聞いて、今までモース硬度というのは結構ざっくりした尺度だと思っていたのですが実は鉱物から金属精錬過程で必要な粉砕工程における重要なファクターなのかと気づきました。

  12. 宮裕 says:

    そして素人としてはアルミホイルやアルミ鍋など、割と使い捨てでリサイクルもしないような製品にもアルミって結構使われてる気がするんですが、枯渇の心配ってないんですかね??

  13. 宮裕 says:

    私企業なので仕方ない事ですが、鉄もアルミも何もかも基礎となるところを閉鎖した結果が、半導体不足の今につながってる気がしますね。
    半導体を作るノウハウを失い、マスクも作る設備がない…
    みたいな日本の構造的弱さに繋がる気がします。

    私は旧新日鐵がある所に住んでたことがありますが、そこの街は昔々はミョウバン鉱なやなんやらからアルミを作ったり、他の製品を製錬したり、製鉄所があって、製油所があって…と工業が盛んだったようですが、全て過去の話。

    税を注ぎ込むのが正義とも思いませんが、全て海外にというのもいかがかと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です