記事の情報は誕生 日 の パラドックスについて説明します。 誕生 日 の パラドックスを探している場合は、ComputerScienceMetricsこの【ゆっくり解説】この問題、9割が間違えます。「誕生日のパラドックス」記事で誕生 日 の パラドックスについて学びましょう。

【ゆっくり解説】この問題、9割が間違えます。「誕生日のパラドックス」で誕生 日 の パラドックスに関する関連ビデオを最も詳細に説明する

下のビデオを今すぐ見る

このComputer Science Metrics Webサイトでは、誕生 日 の パラドックス以外の情報を追加して、より有用な理解を得ることができます。 ComputerScienceMetricsページで、ユーザー向けの新しい正確な情報を常に更新します、 あなたに最も完全な価値をもたらすことを願っています。 ユーザーがインターネット上の理解をできるだけ早く更新することができます。

SEE ALSO  Exp 関数 | 数式 expに関する知識の概要が最も正確です

誕生 日 の パラドックスに関連するいくつかの内容

#パラドックス #説明が遅い #数学

誕生 日 の パラドックスのトピックに関連する写真

【ゆっくり解説】この問題、9割が間違えます。「誕生日のパラドックス」
【ゆっくり解説】この問題、9割が間違えます。「誕生日のパラドックス」

学習している【ゆっくり解説】この問題、9割が間違えます。「誕生日のパラドックス」に関する情報の追跡に加えて、ComputerScienceMetricsを毎日下の公開する他の記事を読むことができます。

新しい情報を表示するにはここをクリック

誕生 日 の パラドックスに関連するいくつかの提案

#ゆっくり解説この問題9割が間違えます誕生日のパラドックス。

SEE ALSO  【数Ⅲ-168】積分と面積④(楕円編) | 楕円 形 の 面積に関するすべての知識は最高です

パラドックス,確率,思考力チャンネル,ゆっくり解説,数学,誕生日のパラドックス。

【ゆっくり解説】この問題、9割が間違えます。「誕生日のパラドックス」。

誕生 日 の パラドックス。

誕生 日 の パラドックスの知識により、Computer Science Metricsが更新されたことが、あなたにもっと多くの情報と新しい知識を持っているのに役立つことを願っています。。 csmetrics.orgによる誕生 日 の パラドックスに関する記事をご覧いただきありがとうございます。

32 thoughts on “【ゆっくり解説】この問題、9割が間違えます。「誕生日のパラドックス」 | 誕生 日 の パラドックスに関連するすべての情報が最も正確です

  1. るーふぇ says:

    10:10 簡単な求め方について言おうとしてるようだけど、肝心のその解説が無くいきなり70.6%という数字が出てきて意味わからんくなった。

    「分母は365を30回かける計算」「分子は365から1ずつ減っていくような掛け算を30回行う計算」←求め方とかじゃなく式を見れば簡単にわかること

    で、これらの簡単な求め方ってなんですの?

  2. himat ex says:

    シニカル数学教師が誕生日確率の話をしてうちのクラスに敗北して落ち込んで引き上げたのは良い思い出。ちなみに280日で計算するので1/1に仕込んでも10/10生まれにはなりません

  3. nobu ari says:

    間違い
    誰でもいいから同じ誕生日の確率は、1−365P30÷(365^30)=約71%だが、
    マナブ以外の誰かがマナブと同じ誕生日の確率は、1−(364÷365)^29=約8%
    それを奇跡と呼べるかは別にして、71%よりずっと低く直感とのズレは大きくない
    それでもこのトリックで「不思議だなぁ」と興味を惹いて、現在〈最強の学問〉と言われる統計学を多くの人が学ぶ入り口になるなら、競争力向上の目的に対し〈嘘も方便〉かも知れない

  4. ぎゃんぐTKG says:

    例えばパチンコの海物語の確変率が60%として20%が2R確変とすると、図柄揃いの場合の確変率は50%だからサメが揃って「通常の方が少ないハズやろ」とかいうのは間違ってるということか!

  5. Yoshiyuki Itakura says:

    サイコロの「6」の目が出るという事象の確率が「1/3」という論理は、
      俗に「イカサマ」と言われている賭け事に応用されているかもしれませんね。
    あと、
      「同じクラスの30人の内、2人の誕生日が「2月29日」で被ることや、
      30人全員の誕生日が「1月1日」の確率は?」の試算であったなら、
      分母になる数値の単位が、マジ😊で「無限大」に近づいて行くと思うので、
      これらの誕生日に関する確率は、単なる数値として算出可としても、
      現実的にあり得る「確率」としての算出は難しい…という意味でも「パラドックス」と言えそうです。

  6. 今夜が山田 says:

    クラスで考えたら誰かが被る確率高いけど自分と全く一緒の人って考えたらかなり低くなるだろうな。話の流れからして多分マナブ君はそういう事を言いたかったんだろう。

  7. たーぼうちゃん says:

    「30人のクラスで自分と同じ誕生日の人がいる確率」は1-「他29人全員が自分の誕生日と違う確率」なので、1-(364/365)^29で約8%になりますね。
    間違ってたらすいません

  8. tanaami1421 says:

    12:00 これ実際に経験したことがあります。小学生の時、教壇の生徒の名簿に、女の子でしたが、小生と同じ誕生日の子がいました。一瞬、ゾッとしました。

  9. 空条Q太郎 says:

    まぁクリスマスイブは「性なる6時間」って言うくらいだしな
    イベントで偏るのは当然だろうwそりゃ9月にいっぱい生まれますよねw
    1966は丙午だしな

  10. 雨もち says:

    ということは、「自分と」同じ誕生日の人がクラスにいる確率を求める時は、
    誕生日が一致しない確率として365/365が1つと、364/365を29個かけて計算していくということであってる…?!?😵‍💫😵‍💫😵‍💫

  11. 動物のかめちゃん says:

    この確率論を屋台のくじ引きに置き換えると、うちのくじ引きは良く当たるよ!と言われ、確率から期待値は高いと思い込み購入

    一回で当たる確率で言えば、100%確率で景品が当たる

    ここで、内訳と言う前提を入れると目玉景品×1+ハズレ景品×99=景品×100、となる

    定数の前提を入れる場合、毎回くじを引く時に前回引いたくじ券を元に戻して、毎回同じくじ数から引く事に

    つまり、ハズレ無しの為に景品が当たるのは100%だが、前提に100枚から1枚引く定数と100枚から当たる景品の内訳が目玉景品×1とハズレ景品×99にする、となり

    実数は、景品は毎回当たるが、ハズレ景品ばかり出る事に

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です