この記事では、そのコンテンツの有機 化学 研究 室 きついについて明確にします。 有機 化学 研究 室 きついについて学んでいる場合は、Computer Science Metricsこの記事【化学】ブラック不可避!?化学の研究室は何でそんなに大変なのか・・・??【ブラック】で有機 化学 研究 室 きついについて学びましょう。

目次

【化学】ブラック不可避!?化学の研究室は何でそんなに大変なのか・・・??【ブラック】 bestの有機 化学 研究 室 きついに関連する一般情報

下のビデオを今すぐ見る

このComputerScienceMetricsウェブサイトでは、有機 化学 研究 室 きつい以外の知識を更新して、より価値のあるデータを持っていることができます。 csmetrics.orgページで、私たちは常にあなたのために毎日新しい正確なコンテンツを更新します、 あなたに最も正確な知識に貢献したいという願望を持って。 ユーザーが最も詳細な方法でインターネット上に情報を追加できます。

SEE ALSO  【2021重要問題集】182塩化物イオンの定量 | 塩化 物 イオン イオン 式に関連するコンテンツの概要

有機 化学 研究 室 きついに関連するいくつかの内容

100円ゲスト 数学の達人が語る数学の世界は異世界だった…! ! 医師は全員博士号取得者! ? 医大卒業後の知られざる「レール」とは? あなたは毎日何をしていますか? あなたの収入はいくらですか? 将来? 根掘り葉掘りについて現役博士課程学生に聞いてみた! はじめまして、論文YouTuberの笹谷祐也です! 研究者にインタビューしたり、自分の研究や最新の話題を紹介する動画を作ったりしています。 チャンネル登録と高評価お願いします! お問い合わせは下記までお願いいたします。 ■Twitter ■メール [email protected] ■一日バーテンダーBar Eden ■ショップファンクラブ

有機 化学 研究 室 きついに関する情報に関連する画像

【化学】ブラック不可避!?化学の研究室は何でそんなに大変なのか・・・??【ブラック】
【化学】ブラック不可避!?化学の研究室は何でそんなに大変なのか・・・??【ブラック】

視聴している【化学】ブラック不可避!?化学の研究室は何でそんなに大変なのか・・・??【ブラック】のコンテンツを発見することに加えて、Computer Science Metricsが毎日更新される詳細情報を読むことができます。

SEE ALSO  【無機化学】覚えにくいケイ素の反応を11分でマスターする動画 | ケイ素 特徴に関するドキュメントの概要

新しい情報を表示するにはここをクリック

有機 化学 研究 室 きついに関連するいくつかの提案

#化学ブラック不可避化学の研究室は何でそんなに大変なのかブラック。

[vid_tags]。

【化学】ブラック不可避!?化学の研究室は何でそんなに大変なのか・・・??【ブラック】。

有機 化学 研究 室 きつい。

有機 化学 研究 室 きついの知識を持って、Computer Science Metricsが提供することを願っています。それがあなたにとって有用であることを期待して、より新しい情報と知識を持っていることを願っています。。 ComputerScienceMetricsの有機 化学 研究 室 きついに関する情報をご覧いただきありがとうございます。

30 thoughts on “【化学】ブラック不可避!?化学の研究室は何でそんなに大変なのか・・・??【ブラック】 | 最も詳細な有機 化学 研究 室 きついに関連する情報をカバーする

  1. conan0526(R1高知しんご) says:

    絶対ブラック 高校の時に化学好きだったから化学科の学部に進学したけど途中で嫌いになって院へも行かず学卒後は文系就職したのね
    卒業後同窓会に入らされたけど気分が悪かったから直ぐに電話して文系の道に進むので名簿から削除してくださいと電話して
    10年以上経ってもまだわだかまりが残ってます

  2. Atsu Shino says:

    工学部は一部手先の器用さが求められる医学部と違い、注意力さえあればどうにかなるとこも多いですが、化学科はやはり危険なので手先の器用さが求められる場合もありますよね。

  3. 100EIZO says:

    いまだにシミュレーションや理論だけで推定できない分野だからこそ、
    凡人でも作業量と汗の量で戦えるんです……!!

    ぽしゃっても「反応性の高さ」というデータにはなる……のかな? データになるってほど周りを固めてないのが普通かな。分野によっては失敗が研究のきっかけとして成立する分野もあるけど。

  4. koichi nakayama says:

    子は大学院後期(有機化学)にいますが、スマホ見てるのを後ろから覗くとあるときはマンが、ある時は論文だったりします。
    とにかく時間があればPC開いてなにやら書いたりしてます。私と飲んだあとでも。実験の結果をまとめたりしているようです。
    それが好きなのだとか。本人曰く、ブラックの実感は全く無いそうです。
    Dまで来たのは同級生で3名、学科の1割にもなってません。Bで就職したのは4名だけなのにです。
    Mまでは普通に来てもそこから先は・・・。好きも次元を超えているのでしょうか。

  5. WIZ 11 says:

    この人実験計画立てるの下手なだけだと思うんだがw
    何時間おきに反応を確認する実験とかは
    同じモノを複数用意して実験をする
    同じく一つで実験を行って
    反応に差がない実験をすれば
    同じ実験を時間差で行えばそんなに拘束時間長くならないよw
    教授もだけどあなた無能じゃないですか?

  6. ifluxion says:

    有機系は確かにブラックなところ多いですよね。私は元々、有機系+測定+解析系の研究室だったので長時間かかることは多々ありましたが、突発的に長時間かかるのも研究の醍醐味です。未知の領域に踏み込むってそういう事ですからね、致し方無い場合もあるのでは?研究に限らず何かを成し遂げようとするとそういう事は必然的に起こりますね。

    一部の研究室では、長時間の実験・作業をした場合はそれに応じて平日何日間か来なくて良いというところもあります。研究室のPI側の努力としてはそういうのもありだと思いますね。私はこういう研究室は「ブラック」だとは思いません。長時間を強いておいてその後の何のフォローも無いのは「ブラック」だと思います。なんでも長時間であれば「ブラック」という風潮もちょっとおかしいと思うんですよね。

  7. 物騒な学者 says:

    自分は分析研ですがだいぶホワイトです。しかしブラックかどうかは先生次第かと…無機でも錯体触媒系の研究室の友人は合成してNMRとってXRDとるために単結晶分離しなければならないので大変だと言っています。

  8. しぃまMkw says:

    化学系の研究室は拘束時間が長すぎる。もちろん土日も実験だし就活もできない。
    風邪ひいたとかいって嘘ついて就活しないといけないのが本当に苦痛だったな。

    実家がお金持ちで収入を得る必要がない!って人とか実験ができるんならお金なんか要らない!っていう人は博士課程に向いてますが。

  9. LAH says:

    数を打つのはやっぱり化学の性ですよね…
    私も触媒系ですが、rationalとはいえないそういう方向性が嫌いなところです…

  10. YASMON says:

    無機に比べて有機がブラックになりやすいのって、やっぱり合成経路の長さってありますよね
    話聞いてみるとほんとに気が遠くなるくらい膨大だったりするんで驚いてます

  11. ililI lliI says:

    コンピュータ化学に置き換わってるのも多いですよ。
    むしろ海外ではコンピュータでシミュレーションしてない論文はok貰えないです。
    日本はその分野で進みが遅いので、内容はokなのに…
    ってのが多いみたいです。
    それに比べて中国はこういった最先端をバシバシ取り入れるのでもう日本は負けますよ。。

  12. langmuir freundlich says:

    化学反応をシミュレーションで置き換えるってめちゃくちゃ難しいやろ。対象がマクロな物体じゃなくて原子で出来たミクロな物質やし、その時点でコンピュータに打ち込む要素が多すぎる。それに化学反応は未だに完全に予想や制御できていないし。
    物理や数学と違って、今のところ計算式で表せる物でもないやろうし。

  13. K I says:

    私は有機系の出身だけど、正直、実験系の論文の三割くらいは再現できないよね。
    小保方さんのとは違うけど闇が深い。

  14. ia2949 says:

    とても面白かったです。
    間違ってはないけど、正しくはない。 論文は一意見である。
    など、とても頷けました。

  15. 9036 Nis says:

    好きこそものの上手なれ ですか
    私の上司は「好きだったら辛い時に我慢できる」と言ってました。
    平均して2年に一度くらいの頻度で地獄を見るような業界でした。

  16. S says:

    ブラックホワイトを分野で分けている時点で微妙だなぁ。化学系の学徒なら固体非個体などで分けて考えて欲しい気がする。

  17. 本山香 says:

    私は化学でも無機だったのでそこまで忙しくはなかったけど、有機は本当大変ですよね。でも、化学でも更に化学工学系は楽なイメージ。そんな化学工学でも、ほかの機械系よりは忙しイメージがあります。
    理系の忙しい分野の頂点に生物系と有機があるイメージでした。
    某旧帝出身より

  18. M Hirai says:

    かなり誤解を招く動画ですね。
    計算化学もいっぺんに何百、何千の計算を回す人もいますし(クラスターの大きさにもよりますが)、計算によっては数分で終わるものから数カ月のものもあります。また、計算を回す人から新たな計算方法を探してる人もいます。いずれにしろ回して帰ろうで済む分野ではありません。
    無機化学も場合によっては有機化学より複雑な分析方法を多用しなくてはいけません。マテリアル系ですと合成は一日で終わらせて分析に数カ月かける場合もあります。
    有機化学は日本が得意としている分野で、歴史的に見ても確かにハードワークを強いられます。
    しかし、これも触媒化学や構造有機では全く研究スタイルが違いますので、一つの枠には当てはまりません。
    個人的には日本の研究室はダラダラ研究してるから遅くなるだけで、ドイツ人のようにフォーカスしていれば8時間労働でも帰ろうと思えば帰れます。
    研究のスタイルは人それぞれですし、一部の研究室を除いては化学の分野は決してブラックだとは思いません。

  19. ああ says:

    高校化学しかやってないですけど触媒を見つけるってほんとに大変そうですよね、、、
    考えただけでも恐ろしい、、、

  20. ちょみー says:

    私も有機金属触媒出身です
    この分野の歴史は比較的浅く、まだまだ未知なこと多いです
    ですので、ある程度の仮説は立てますが考えるよりも総当たりするほうが発見まで早かったりするんですよね
    新しいことが見つかってから仮説を立てることが多いです
    「仮設の後付け」ですね
    このような非効率な研究の進め方をしている限りブラック化は止められません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です