記事の内容については酸化 クロム 毒性について説明します。 酸化 クロム 毒性について学んでいる場合は、この【衝撃】中国BYDが有毒物質使用のEVバスを日本で販売!【日本の凄いニュース】記事で酸化 クロム 毒性についてComputerScienceMetricsを明確にしましょう。

【衝撃】中国BYDが有毒物質使用のEVバスを日本で販売!【日本の凄いニュース】の酸化 クロム 毒性に関連する内容の概要

下のビデオを今すぐ見る

このComputerScienceMetricsウェブサイトでは、酸化 クロム 毒性以外の他の情報を追加して、より価値のある理解を深めることができます。 ウェブサイトComputer Science Metricsでは、毎日新しい正確なニュースを常に更新します、 あなたのために最も完全な知識を提供したいと思っています。 ユーザーが最も正確な方法でインターネットに思考を追加できるのを支援する。

トピックに関連するいくつかの情報酸化 クロム 毒性

旧(単純すぎる時事解説) 当チャンネルの動画は、あくまで興味を持ってもらうための情報発信の窓口であり、制作陣の情報調査不足により誤った情報が発信される可能性があります。 正確で広くて深い情報を得るために、みなさんもリサーチを強くお勧めします 2nd channel ★ Twitterアカウント @kantanzizi 素材提供 BGM、効果音、動画サイト BGM Pocket Sound – @pocketse 甘茶の音楽工房 ストーリーブロック Music-Note.jp youtube audio live 素材使用されているのはフリー素材、購入した素材、引用であり、著作権を侵害する目的で作成された動画ではありません。 問題がある場合は、権利者ご本人にご連絡ください。 #BYD #EV #EVバス #電気自動車 #六価クロム

SEE ALSO  温熱性能の基本 熱貫流率U値の計算 | 最も関連性の高いすべてのコンテンツ熱 伝導 率 求め 方

酸化 クロム 毒性に関する情報に関連する写真

【衝撃】中国BYDが有毒物質使用のEVバスを日本で販売!【日本の凄いニュース】
【衝撃】中国BYDが有毒物質使用のEVバスを日本で販売!【日本の凄いニュース】

学習している【衝撃】中国BYDが有毒物質使用のEVバスを日本で販売!【日本の凄いニュース】に関するコンテンツを表示することに加えて、ComputerScienceMetricsが毎日すぐに更新する他のトピックを見つけることができます。

ニュースの詳細はこちら

酸化 クロム 毒性に関連する提案

#衝撃中国BYDが有毒物質使用のEVバスを日本で販売日本の凄いニュース。

日本,日本の技術,日本人,産業,資源,開発,技術,電気自動車,水素自動車。

【衝撃】中国BYDが有毒物質使用のEVバスを日本で販売!【日本の凄いニュース】。

酸化 クロム 毒性。

csmetrics.orgが提供する酸化 クロム 毒性についての情報を使用して、より多くの情報と新しい知識が得られることを願っています。。 csmetrics.orgの酸化 クロム 毒性についての記事に協力してくれて心から感謝します。

SEE ALSO  電離度と価数【高校化学】酸と塩基#2 | 電解 度に関するすべての文書は最も完全です

24 thoughts on “【衝撃】中国BYDが有毒物質使用のEVバスを日本で販売!【日本の凄いニュース】 | すべてのコンテンツは酸化 クロム 毒性最高です

  1. 4 rs says:

    某YouTuberさんが
    六価クロム問題は大した事ないとか仰ってましたよ…
    ここまでお隣を擁護すると言う事はつまりそう言う事なんでしょうね…
    怖いわー

  2. 韓ウォッチャ says:

    日本政府もそうだが、京都府&京都市にはシッカリして欲しい。
    生活保護の件といい、タクシー会社の現代車大量導入といい、
    日本の宝である都市の維持に責任を持っている事を肝に命じてくれ。

  3. 2828 neko says:

    自主規制とかしてないのは怖過ぎる
    中国が守るわけない
    他にも自主規制のみのやつは変えた方がいい
    性善説は通用しないわけだし

  4. 八咫烏 says:

    BYDの車そのものが怪しいね。六価クロムの害を軽視しているよ。
    全てがこの調子、「少しくらい良いだろう」というもの。中国はガン大国。環境汚染大国だから、内装材、メッキ、塗装、プラスチックなどチェックが必要だね。

  5. zbz0425 says:

    2017年に日本企業が発売した海外製二輪車から六価クロムが使用されていることが判明。
    日本の法律や規制は六価クロムを完全に禁止しているわけではありません.日本自動車工業会の任意のメンバーは六価クロムを使用していませんが、BYDは日本自動車工業会のメンバーではありません.また、日野自動車はOEMのBYDに通知していません.この要件。 EUのROHS指令では、六価クロムの含有量が0.1%、つまり0.1% mg/kgを超えてはならないことが明確に規定されており、協会のメンバーには要件がありますが、日野自動車がBYDをOEMとして見つけたとき、最初にこの要求をしないでください。日本の排水基準における六価クロムの限度は0.5mg/Lであり、直接排水において六価クロムの使用を完全に禁止しているわけではありません。日本乗連の古い車種でも六価クロムを使用している

  6. lll lll says:

    Japanese are idiots? This rumor of mine? No wonder Japanese-made electric cars are rated as industrial waste in China, and competition only depends on shameless lies? ?

  7. Yasuyoshi Tajima says:

    ボルト、ナットに問題となれば、中国製の電化製品や金属食器などへの問題にも発展するかもしれませんね。日本メーカーも中国生産している商品がまだまだ多いと思いますが、心配となってきました。

  8. H H says:

    そもそも、バイドゥは中国国内やフランスでいくつもEVバスが発火しているのになぜ購入する人がいるのかな?
    販売を止めない日本政府に呆れています。安いから購入する日本の方々はもう少し深く考えたほうがいいと思います。

  9. cat woman says:

    日本は、EVバスを日本で作ればいい。作らない日本が悪い。---中国のBYDがどんなバスを作ろうと、BYDの勝手。中国のバスを輸入してはいけない。

  10. T I says:

    やっぱり出てきたか。
    そもそも他者への安全や安心、配慮という概念は存在しない国。
    日本では直近20年ぐらいで設計された部品は乗客の手が触れる所はもちろん、整備する人が怪我しないようにという部分まで考えてる。
    バリで手を切るとか、隙間に指を挟むとかの対策ね。
    そんなのは製品として1円も儲からないどころかコストばっかり増えるものだけど、国内では絶対に外せないものだと認識されてる。
    某国の人たちには永遠に理解できないだろうな。

  11. Makun by the Sea says:

    「日本の凄いニュース」が、中国車に問題がある、かよ。
    中国に問題がなくちゃ日本が凄くならないなら、日本はちっとも凄くないってことだろう。
    それをみんなで喜んでるなんて、日本はもう終わってる。
    情けなくて涙も出ない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です