この記事の情報は硫酸 ph 求め 方について書くでしょう。 硫酸 ph 求め 方を探している場合は、csmetrics.orgこの強酸 強塩基 二価の強酸 pH計算 硫酸 高校化学 エンジョイケミストリー 124203記事で硫酸 ph 求め 方について学びましょう。

目次

強酸 強塩基 二価の強酸 pH計算 硫酸 高校化学 エンジョイケミストリー 124203新しいアップデートの硫酸 ph 求め 方に関連するコンテンツの概要

下のビデオを今すぐ見る

このComputer Science Metricsウェブサイトでは、硫酸 ph 求め 方以外の知識を更新して、より便利な理解を得ることができます。 ComputerScienceMetricsページで、ユーザー向けに毎日新しい正確なニュースを継続的に更新します、 あなたにとって最高の価値を提供したいと思っています。 ユーザーがインターネット上の情報をできるだけ早く更新できる。

SEE ALSO  这个世界是由什么构成的?五行论与元素论有什么区别?李永乐老师讲原子说 | 構成 元素に関連するドキュメントが最適です

トピックに関連する情報硫酸 ph 求め 方

#強酸 強塩基 #二価強酸 pH計算 #硫酸 高校化学 たのしみ化学 強酸と強塩基の電離とpH計算の講義 のpH計算について、きちんと押さえておくべきポイントを押さえておく必要があります。強酸と強塩基。 一般に、一価の強酸(強塩基)は問題ありませんが、二価の強酸は第一段階で問題なく完全に電離しますが、第二段階では完全に電離しません。 しかし、さまざまな演習や試験では、硫酸は2価の強酸と言われ、当然のことながら硫酸1分子から2個の水素イオンが放出されます。 中和反応の量的関係上は問題ありませんが、硫酸を酸として扱う場合に問題となる場合があります。 硫酸の本当の姿を知ることが重要です。

硫酸 ph 求め 方の内容に関連するいくつかの写真

強酸 強塩基 二価の強酸 pH計算 硫酸 高校化学 エンジョイケミストリー 124203
強酸 強塩基 二価の強酸 pH計算 硫酸 高校化学 エンジョイケミストリー 124203

あなたが見ている強酸 強塩基 二価の強酸 pH計算 硫酸 高校化学 エンジョイケミストリー 124203に関するニュースを読むことに加えて、Computer Science Metricsが継続的に公開している他の情報を以下で継続的に公開することができます。

SEE ALSO  卒論の謝辞はもう書きましたか? | 卒論 謝辞 書き方に関連する情報の概要

最新情報を表示するにはここをクリック

硫酸 ph 求め 方に関連するいくつかの提案

#強酸強塩基二価の強酸pH計算硫酸高校化学エンジョイケミストリー124203。

[vid_tags]。

強酸 強塩基 二価の強酸 pH計算 硫酸 高校化学 エンジョイケミストリー 124203。

硫酸 ph 求め 方。

硫酸 ph 求め 方についての情報を使用して、csmetrics.orgがあなたがより多くの情報と新しい知識を持っているのを助けることを願っています。。 ComputerScienceMetricsの硫酸 ph 求め 方の内容をご覧いただきありがとうございます。

9 thoughts on “強酸 強塩基 二価の強酸 pH計算 硫酸 高校化学 エンジョイケミストリー 124203 | 硫酸 ph 求め 方に関する一般情報が最も完全です

  1. トト says:

    なぜ、2段階目の反応で電離前の水素イオン濃度が1段階目の電離後の水素イオン濃度になるのですか?

  2. ゆうきゆうき says:

    ご丁寧な解説ありがとうございます。なるほど割合が電離度という事でモル濃度が小さくなればなるほど電離度は大きくなるという事で全体に対して電離する割合が大きくなるだけという事だったんですね。

  3. ゆうきゆうき says:

    例えば100分子ある中で電離度が0、6であれば60分子が電離していることになりますが、これは残りの40分子も0、6の電離度という事ではなく電離しながら変化していくモル濃度の中で電離度も限りなく小さくなっているという事なんですね。
    例を挙げると100分子から10分子電離して、残りの90分子の電離度が0、3くらいになり27分子電離して残りの63分子から0、05くらいの電離度で3分子電離していき結局100分子中の電離度0、6の合計40分子となるイメージでしょうか?

  4. ゆうきゆうき says:

    いえこちらこそのべつ幕なしに伺い恐れ入ります。丁寧な解説ありがとうございます!なるほどよく分かりました!一段階目で出てきた陰イオンであるHSO4自体は弱酸なのであまり電離しない可逆反応の中で、2段階目の電離を0.6だとした場合のところを1の場合で考えるケースをさも当たり前に計算していたんですね!ここは二段階目の電離度は1であると暗黙の了解で話が進んでいますが、であればいっそのこと可逆反応にするのではなく一方向の矢印で表現しても良いのでしょうか?

  5. ゆうきゆうき says:

    HSO4よりSO4の方が多いとはどう言う事でしょうか?弱酸なので少しだけSO4になるとは違うのでしょうか?電離度が0.5だとした場合100分子中50が電離して残り50分子中に25分子が電離するように全て電離すると言う事なのでしょうか?そうすると電離度がいくつであろうと全ての分子が電離する様な気がするのですが…

  6. ゆうきゆうき says:

    ご丁寧な解説頂きありがとうございます、酸はより強い酸と、塩基はより強い酸と反応する理由は言葉で表現しますと強そうだからと解釈できるんですが、これは粒子の存在する量が大きいからということでしょうか?硫酸の二段階目の反応は平衡反応という事で、HSO4^は弱酸であると考えるとSO4^よりも HSO4^の方が量が多く存在していると考えると亜硫酸ナトリウムが一旦電離してそちらの酸(HSO4^)とNa^が反応すると言う事かなと思うのですが、こちらの理解で正しいでしょうか?

  7. ゆうきゆうき says:

    亜硫酸ナトリウムと硫酸を反応させてNaHSO4にするところで何故NA2SO4にならないのかようやく分かりました、つまりH2SO4は強酸だけれども一段階目でほぼ完全電離してできるHSO4^はあくまでも可逆反応を起こす弱酸であってそこから生まれるSO42−がHCLよりも少ない?弱いため?に最初のHSO4と反応するという事でしょうか?塩基と酸が反応しやすい関係は量によるところなのでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です