この記事のトピックでは、間接 疑問 文 whatについて説明します。 間接 疑問 文 whatについて学んでいる場合は、この[Point10] 間接疑問文【基礎完成英語講座】記事で間接 疑問 文 whatについてComputerScienceMetricsを明確にしましょう。

[Point10] 間接疑問文【基礎完成英語講座】の間接 疑問 文 whatに関連するビデオの概要

下のビデオを今すぐ見る

このウェブサイトComputer Science Metricsでは、間接 疑問 文 what以外の知識をリフレッシュして、より便利な理解を得ることができます。 Computer Science Metricsページでは、ユーザー向けの新しい正確なニュースを常に投稿しています、 あなたのために最も詳細な価値を提供したいという願望を持って。 ユーザーが最も正確な方法でインターネットに思考を追加できるのを支援する。

SEE ALSO  あけましておめでとうございます、今年もよろしくお願いします | 最も詳細な知識の概要あけまして おめでとう ござい ます 今年 も よろしく お願い し ます

トピックに関連する情報間接 疑問 文 what

語学学校が力を入れている分野の間接問題を分かりやすく解説します! 教材はこちら→———————————— ◆前回の動画◆ 『YOSHIKIの基本』寺島完英講座」プレイリスト◆「寺島芳樹の集中読書」プレイリスト◆「寺島良樹の全講義」プレイリスト◆「基礎英文法講座」プレイリスト◆「基礎英文法レクチャー」その他重要文法事項プレイリスト◆「TOEIC対策講座」プレイリスト◆「試験形式別英語演習」全講義プレイリスト ◆「英語共通テスト対策講座」読書プレイリスト ◆公式サイト ◆「ただようび」オンラインストア ◆チャンネル登録 ◆公式Twitter — ———- ———————— 「ただドビ」はYouTubeで受験できる完全無料のオンライン大学受験です。 予備校。

間接 疑問 文 whatに関する情報に関連するいくつかの写真

[Point10] 間接疑問文【基礎完成英語講座】
[Point10] 間接疑問文【基礎完成英語講座】

読んでいる[Point10] 間接疑問文【基礎完成英語講座】に関する情報を表示することに加えて、Computer Science Metricsを毎日下のComputerScienceMetrics更新するコンテンツを読むことができます。

SEE ALSO  【高校 英語】 eitherのあとの動詞の形① (6分) | 最も完全なドキュメントの概要主語 述語 英語

最新情報を表示するにはここをクリック

間接 疑問 文 whatに関連するいくつかの提案

#Point10 #間接疑問文基礎完成英語講座。

ただよび,勉強,英語,寺島よしき,間接疑問文。

[Point10] 間接疑問文【基礎完成英語講座】。

間接 疑問 文 what。

間接 疑問 文 whatの内容により、Computer Science Metricsがあなたにもっと多くの情報と新しい知識を持っているのを助けることを望んでいることを願っています。。 csmetrics.orgの間接 疑問 文 whatの内容をご覧いただきありがとうございます。

24 thoughts on “[Point10] 間接疑問文【基礎完成英語講座】 | 間接 疑問 文 whatに関連する最も正確な知識の概要

  1. Kenji Araki says:

    「whの左側に動詞があれば…」という説明は間接疑問のルールとして適切でない気がします。間接疑問が主語となり、文頭にくる場合もあります。

    英語には名詞節を作る方法がいろいろあり、間接疑問のwhはあくまでその1つと考えるようにしています。

  2. Mihiro M says:

    間接疑問文で「疑問詞+S+V」 にならない時の説明をどうなさいますか。
    疑問詞が主語の質問の場合です。Who baked this cake? → Do you know who baked this cake?

  3. J Sancho says:

    質問です!
    What do you think will happen next?
    この文の中に動詞が2つあるのに、なぜ文として成り立つんでしょうか?
    文の中には動詞は1つしかないと習ったのですが…

  4. ああ says:

    常識的な批判vsそれに対する反論
    で擁護側のコメントにだけ露骨にいいね押してるのは見てて気分悪いな、個人的なチャンネルではなくあくまでオンライン予備校としてのスタンスを保つつもりならこういう主観的な反応はコンテンツの普及を阻むだけやない?

  5. Hideki Sato says:

    少し整理してみました。

    疑問文では、初めに出てくるSVだけ倒置が起こる。そして、それ以上の倒置は起こらない。

    疑問詞で始まる表現が、独立した疑問文で無く、名詞節として、文中の主語、目的語、補語の働きをする場合、[疑問詞+S+V]となる。
    How did you spend your summer?(「夏休みは、どう過ごされましたか」)
    Tell me how you spent your summer vacation.(「夏休みは、どう過ごされたかを私に教えて下さい」)

    「はい/いいえ」で答えられない疑問文は、疑問詞を先頭にし、助動詞+主語+動詞、そして、平叙文を繋げる(「初めに出てくるSVだけ倒置が起こる。そして、それ以上の倒置は起こらない」の原則を踏襲)。
    「彼女は、どこに住んでいると思いますか」は、「はい/いいえ」で答えられず、具体的な地名等を欲している為。
    Where do you think she lives?

    [疑問詞+V+S]の形になる文例が、僕の持っている文法書に載っておらず、そこは不明です。

  6. Ju Ne says:

    たしかに、Do you think where she is? = 彼はどこにいると思いますか、がなぜいけないのですか?と質問されたら私は答えに窮し、寺島先生のような説明はできなかったです。ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です