この記事のテーマは微分 デルタを中心に展開します。 微分 デルタに興味がある場合は、この【大学数学】デルタ関数とは何か【解析学】の記事で微分 デルタについてComputer Science Metricsを探りましょう。

【大学数学】デルタ関数とは何か【解析学】の微分 デルタに関する関連するコンテンツの概要

下のビデオを今すぐ見る

このウェブサイトcsmetrics.orgでは、微分 デルタ以外の知識を追加して、より便利な理解を得ることができます。 WebサイトComputer Science Metricsでは、ユーザー向けに新しい正確な情報を継続的に投稿しています、 あなたに最高の知識を提供したいと思っています。 ユーザーがインターネット上にできるだけ早く情報を追加できます。

トピックに関連するいくつかの情報微分 デルタ

「わかった!」と思ったらまたは「便利!」 も大歓迎です)! 応援メッセージや笑えるコメントは基本的に全てお返事させていただきますので、お気軽にご連絡ください。 毛津講師が1)「大学生・社会人向け理科系授業動画」、2)「大学院生から見た高校生へのアドバイス」をアップしました。 諦めかけている人も、諦めてしまった人も、もう一度挑戦してみませんか? このチャンネルなら、大学より100倍わかりやすい「楽しい」授業が受けられます![Lecture Request]コメント欄に! ここをクリックして[Channel registration](これからも楽しく受講しましょう!)[Official HP](お探しの講座が簡単に見つかります!)[Twitter](積極的に活動中!)

SEE ALSO  【第十一弾】二階線形微分方程式の特徴とロンスキアン!【数学 微分方程式 ordinary differential equation】 | 変数 係数 2 階 線形 微分 方程式に関する一般的な情報が最も詳細です

一部の写真は微分 デルタに関する情報に関連しています

【大学数学】デルタ関数とは何か【解析学】

あなたが見ている【大学数学】デルタ関数とは何か【解析学】に関する情報を読むことに加えて、ComputerScienceMetricsを毎日下のComputerScienceMetrics更新する他のトピックを読むことができます。

ここをクリック

一部のキーワードは微分 デルタに関連しています

#大学数学デルタ関数とは何か解析学。

数学,物理,ヨビノリ,たくみ,東大,東大院,大学院,デルタ関数,無限,butterfly,和田光司,物理数学,Dirac,ディラック,質点,密度,電荷,量子力学,関数解析,超関数。

【大学数学】デルタ関数とは何か【解析学】。

微分 デルタ。

微分 デルタについての情報を使用して、ComputerScienceMetricsがあなたがより多くの情報と新しい知識を持っているのを助けることを願っています。。 Computer Science Metricsの微分 デルタに関する情報を見てくれたことに心から感謝します。

SEE ALSO  機械設計技術 すべり摩擦と転がり摩擦、摩擦係数の考え方 静止摩擦力と動摩擦力 | 関連する知識の概要静止 摩擦 係数 一覧新しいアップデート

34 thoughts on “【大学数学】デルタ関数とは何か【解析学】 | すべてのコンテンツは微分 デルタに関する最も完全なものです

  1. 予備校のノリで学ぶ「大学の数学・物理」 says:

    以下、【Q&Aまとめ↓↓↓】

    Q. デルタ関数って次元をもちますか?
    A. デルタ関数を単に積分すると1になるので、一般にδ(x)は[x]^-1の次元をもつと考えることができます

  2. Sicheongja says:

    今までファボゼロのボケで笑ったことなかったけどバタフライで初めて笑ってしまった…なんか悔しい笑笑

  3. そう云えば何か忘れたかも says:

    <cf> 解析学のシリーズ

    ・フーリエ級数展開① → https://www.youtube.com/watch?v=HNHb0_mOTYw&t

    ・ロピタルの定理① → https://www.youtube.com/watch?v=dRpnR2Q6GPI

    ・ガンマ関数① → https://www.youtube.com/watch?v=K-HwL3N4P5Q

    ・各点収束と一様収束(関数列の極限) → http://www.youtube.com/watch?v=r0V14KCiixU

    ・supとinf(上限と下限)→ https://www.youtube.com/watch?v=pySvmqhB6BY&t

    ・ε-δ論法(関数の連続性)→ https://www.youtube.com/watch?v=t3JPms8Y1l4

    ・フーリエ変換の気持ち → https://www.youtube.com/watch?v=bjBZEKdlLD0

    ・ウォリスの積分公式 → https://www.youtube.com/watch?v=KtFzNVs2y8k&t

    ・重積分① → https://www.youtube.com/watch?v=eqdsux1il54

    ・デルタ関数 → 本講義

    ・双曲線関数 → https://www.youtube.com/watch?v=Yvcngy6xtio&t

    ・ガウス積分の類似形 → https://www.youtube.com/watch?v=u6sBzqF8gWI&t

    ・grad(勾配)→ https://www.youtube.com/watch?v=p7hEoWv7pp4

    ・div(発散)→ https://www.youtube.com/watch?v=ZS51xsn7onA

    ・テイラー展開の気持ち → https://www.youtube.com/watch?v=qzd5iXKHkiU&t

  4. たむらたかし says:

    ディラックさんの写真…
    見た目ヤバくないっすか?(笑)
    テンション高すぎて危ない感じが…

  5. 学術領域学研究所 says:

    よし、使ってみよう
    無理する事も無いかあ
    対称性の破れ
    に使えないかと

  6. Bonsuke Bonchan says:

    デルタ関数δ()に物理単位(1/m^3)があったことに気が付いたのは、実はおっさんになってからであった。
    砂川重信の書籍”理論電磁気学”の第2章の展開でデルタ関数が登場し、その式の中で
    従来の公式と比較すると物理単位がズレていることに気が付き、誤記かと思ったが
    注意深く式を追及するとデルタ関数が積分素dxの逆数の物理単位を持たなければならないことに気が付き
    すなわちdxdydzの3次元[m^3]ならそれに対応するデルタ関数δ(x)δ(y)δ(z)の物理単位は[1/m^3]となる。
    したがって電気素量e[C]にデルタ関数をかけたものe*δ(x)δ(y)δ(z)は電荷密度[C/m^3]となるのである。
    このことを砂川重信の書籍でおっさんになってから気が付いたのである(笑)
    そしてさらに調査したらヨビノリでそのことを説明していたのである(笑)

  7. KTPorous KTMedia says:

    デルタ関数について いい加減な説明をしないでください。積分の意味を理解していない。超関数を初歩 例えばシュワルツの訳本見れば正しく書いてある。積分論が全く分かっていない。

  8. 推し語り says:

    この動画見た瞬間頭にあったモヤモヤが全てスッキリした。やはりアンパンマン、あんたヒーローだよ

  9. ねむ says:

    この動画高校2年生の時にアップされてすぐ見たけど全く理解できなかったのに、数年経った今日の大学の講義で出てきてこの動画の存在思い出して戻って見にきたら、色々力付いててスルッと理解出来て感動。

    ありがとう全身ピンクのお兄さん。

  10. 紫苑【sion】 says:

    ヨビノリのふぁぼ関数は至るところゼロで、コラボで他チャンネルと掛け合わせるとある一定の値を取る

  11. Kazuhiro Umezono says:

    電磁気の勉強の点電荷からの電位を求める時にデルタ関数が出てきて、なんかすっきりしなかったのですが、この動画を見たあとにもう一度その箇所を読み返したら納得できました。ありがとうございました。

  12. 黒船愛梨 says:

    大学で説明を聞いたけど意味が分からなかった。ヨビノリさんの説明聞いてスッキリしました。

  13. U 2 - says:

    abc予想証明した望月新一教授が「欅坂46センターの平手友梨奈さんだけが拳を挙げる仕草をするわけですが、その拳を挙げる仕草の形状は『デルタ関数』によく似ていて」ってブログに書いているのを知ってデルタ関数について勉強しにきた同士おる?

  14. KTPorous KTMedia says:

    デルタ関数とf(x)の積の積分を述べておられますが  一体どうやって 具体的に計算するのですか?

  15. M MM says:

    質問です。

    ②の性質について
    f(x)は定数関数でなくても、x≠aで0となるなら、x=aのみ積分の値をとることとなり、②の式は∮f(a)δ(x -a)dx=f(a)と同値ですか?

    そしたらどのようなf(x)でも∮δ(x -a)dx=1となりますか?

  16. n- AoA says:

    広い部屋でしょうか、僅かですが反響がるようですね。
    それと、口の開きが小さいからでしょうか、言葉が明瞭でないです。
    腹話術の会話を聞いてるような感じがします。
    送電線のたるみ、径間に対する実際の線長の計算を解説、特にラプラス変換を
    使って教えて頂きたいです。

  17. 前田日明 says:

    ボケがねえ、本当に寒いから止めた方が良い。逆にとかそういうこと無く、引くくらい純粋につまらなくて興味が萎える。

  18. TEX07 DOGS says:

    このような興味深い数学の解説が必要だと考えます。テクニカルな受験数学は社会に出て使った記憶がありません。あと近い将来には、通常の数式変形はAI+Mathematicaに置き換わるのではないかと予想しております。反論歓迎します。

  19. TEX07 DOGS says:

    これを使うと解析関数論が不要になるのではないのでしょうか? 直観の世界だと批判する人もいますが、いかがでしょうか質問です。

  20. 三浦大洋 says:

    数学的に、普通の関数で定義できない。。。

    超関数というものを考えればOK😄

    数学らしい考え方だなあと思いました。

  21. KTPorous KTMedia says:

    ルベーグ積分では 一点で無限大 他はゼロの関数は積分したらゼロです。黒板で書かれた デルタ関数を積分したら何故1になるのですか?

  22. びすサクラ says:

    ローラン・シュワルツとかフランス人なのかドイツ人なのかわかんねえな

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です