この記事のトピックでは、scratch ゲーム マリオ 作り方について説明します。 scratch ゲーム マリオ 作り方を探している場合は、ComputerScienceMetricsこの【本気】マリオを作ってみる【Scratch】記事でscratch ゲーム マリオ 作り方について学びましょう。

目次

【本気】マリオを作ってみる【Scratch】のscratch ゲーム マリオ 作り方に関連する一般情報が更新されました

下のビデオを今すぐ見る

このWebサイトComputerScienceMetricsでは、scratch ゲーム マリオ 作り方以外の他の情報を追加して、より価値のあるデータを自分で提供できます。 Computer Science Metricsページで、ユーザー向けの新しい正確な情報を常に更新します、 あなたに最も完全な価値を提供したいという願望を持って。 ユーザーが最も正確な方法でインターネット上の知識を更新することができます。

トピックに関連するいくつかの内容scratch ゲーム マリオ 作り方

世の中にはたくさんのマリオのゲームがありますが、自分はこうしようと思ったので作ってみました。 と思いながらやっています。 なげす。 試してみたい方はこちら[The table of contents because it is long]0:00 今回のお願い 0:11 猫をマリオ風にする 0:37 倒させる 1:14 ジャンプする 1:30 地面を作る 3:35 左右に動かす 6:10 ステップ 7:24 スクロールする 9:08まとめ 11:41 画面拡大 12:50 クリアしてオーバー 14:36 完成! 挑戦しましょう! #スクラッチ #マリオ #プログラミング

SEE ALSO  iPhone シンプル着信音 - 1 | シンプル 着信 音 無料 mp3の最も完全な知識をカバーしました

scratch ゲーム マリオ 作り方の内容に関連する画像

【本気】マリオを作ってみる【Scratch】
【本気】マリオを作ってみる【Scratch】

あなたが見ている【本気】マリオを作ってみる【Scratch】についてのコンテンツを読むことに加えて、Computer Science Metricsが毎日下に公開している詳細情報を探すことができます。

今すぐもっと見る

一部のキーワードはscratch ゲーム マリオ 作り方に関連しています

#本気マリオを作ってみるScratch。

プログラム,プログラミング,スクラッチ,Scratch,本気,マリオ,マリオブラザーズ,重力ジャンプ,ジャンプ,アクションゲーム。

【本気】マリオを作ってみる【Scratch】。

SEE ALSO  String count() Method | Python Tutorial | 関連するドキュメントpython string count新しい更新について説明しました

scratch ゲーム マリオ 作り方。

scratch ゲーム マリオ 作り方の内容により、Computer Science Metricsが提供することを願っています。。 Computer Science Metricsのscratch ゲーム マリオ 作り方についての情報を読んでくれてありがとう。

21 thoughts on “【本気】マリオを作ってみる【Scratch】 | 関連するすべての情報scratch ゲーム マリオ 作り方が最適です

  1. Sirius says:

    ブロック定義の着地を入れると逆にジャンプができなくなって地面にめり込むんですけどどうすればいいですか?

  2. MoviE-FaN says:

    プログラムって言語みたいですね。いろんな法則があって、一個のミスで狂う。いろんな法則を組み合わせて一つの文を作る、みたいな。地面のスプリットを増やすとめんどくさくなるからクローンにするのって例えば英語の人を”he”とかにするのと似てますね

  3. 蒼 神坂 says:

    すごいの一言……
    あと、これは私的に変更してみたらアリな点で、
    操作してると滑るのは変速にしているから仕方ないのですが、減速を
    【加速度×n/100】にしたら上手くいくしぱっと見コンパクトになるかと。
    私もscratchしてるので勉強になりました!

  4. says:

    人それぞれやり方は違うかなと思いますが、なんともバグを生みやすい設計の連続で、教室でこれを教えるのか。。とひやひやしてしまいます。
    動画としてはつまずきどころが分かってよいのかもしれませんが。。

  5. 70sheets says:

    キャラクターの左右の当たり判定が無いので本気とは言えないクオリティですね。
    スクラッチキャット自身に当たり判定をつけずにもう一つのスプリクトを作って
    当たり判定をつけた方がバグも少なくなると思います。改善の余地ありですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です