記事の内容は論理 クイズ 面白いについて明確になります。 論理 クイズ 面白いに興味がある場合は、Computer Science Metricsこの【論理クイズ】超難問!23人の男と椅子の部屋【ゆっくり解説】記事で論理 クイズ 面白いについて学びましょう。

目次

【論理クイズ】超難問!23人の男と椅子の部屋【ゆっくり解説】の論理 クイズ 面白いに関する関連するコンテンツの概要最も正確

下のビデオを今すぐ見る

このcsmetrics.orgウェブサイトを使用すると、論理 クイズ 面白い以外の他の情報を更新して、より貴重な理解を得ることができます。 ComputerScienceMetricsページでは、ユーザー向けに毎日新しい正確なコンテンツを更新します、 あなたに最高の価値をもたらすことを願っています。 ユーザーがインターネット上で最も完全な方法で知識を追加できるのを支援する。

トピックに関連する情報論理 クイズ 面白い

それは23人の男と椅子の部屋の問題です。 かなり難しい問題です。 BGM: 画像: 訂正: 5:13 サブタイトルに「椅子の向きがカウントOFFならON、カウント1加算、OFF」とあります。 方向がONの場合はOFFにしてカウントを1増やしてください」 #論理クイズ #難問 #クイズ #ゆっくり解説 #数学

SEE ALSO  【第1回】 テトリス初心者講座 ~テトリスの基本~ 【テトリス99】 | テトリス 攻略に関する一般的な知識が最も詳細です

一部の写真は論理 クイズ 面白いに関する情報に関連しています

【論理クイズ】超難問!23人の男と椅子の部屋【ゆっくり解説】
【論理クイズ】超難問!23人の男と椅子の部屋【ゆっくり解説】

学習している【論理クイズ】超難問!23人の男と椅子の部屋【ゆっくり解説】に関する情報の追跡に加えて、Computer Science Metricsが毎日下のComputerScienceMetricsを公開している他のコンテンツを読むことができます。

今すぐもっと見る

論理 クイズ 面白いに関連する提案

#論理クイズ超難問23人の男と椅子の部屋ゆっくり解説。

[vid_tags]。

【論理クイズ】超難問!23人の男と椅子の部屋【ゆっくり解説】。

論理 クイズ 面白い。

SEE ALSO  【一次関数】面積の求め方をイチから解説! | 最も関連性の高い情報の概要座標 から 面積

論理 クイズ 面白いのコンテンツがcsmetrics.org更新されることで、より多くの情報と新しい知識があることを支援することを願っています。。 csmetrics.orgの論理 クイズ 面白いについての情報を読んでくれてありがとう。

38 thoughts on “【論理クイズ】超難問!23人の男と椅子の部屋【ゆっくり解説】 | 論理 クイズ 面白いに関する一般情報が最も完全です

  1. ヤコブソン says:

    椅子に予備があって、一回壊した後に補充されて残った男たちが同じことをやらされるなら深く考えず壊して良いけど、その辺はどうなんだろうか?
    また、呼び出される間隔は?
    一分かも知れないし一年かも知れないのでは、餓死はなくても自殺や病死はあるかも知れない。
    誰かが死んだらそれは他の人に知らされるのか?メンバー補充は?

    などなど余計なことが気になったから解けなかったものとしておこうっと。

  2. Scent of life says:

    自分の答え
    北と東を黒、南と西を白
    カウントするひとは自分以外が白になった22回分カウントして最後自分を含めた23回分になったときに壊す
    カウント役は白なら黒へ、黒なら黒にする
    非カウント役は自分が初かつ黒だった時白にして。初かつ白だった場合には黒にして今後2回分タイミングを見計らって黒を白にすればよい。初じゃない場合は白を白、黒を黒にする。

    しかしカウント役が最初でかつ白だった時を考えていなかった まさか一人に2回カウントさせるとは

  3. けち says:

    答えを見ずに考えてみた。
    まず、椅子が北か西を向いている状態をON状態、南か東を向いている状態をOFF状態と呼ぶことにする。
    すると、男が部屋に入ったときにどの方向を向いていたとしてもON、OFFを切り替えるか、切り替えないか選択できる。
    (例えば、北を向いているときは西向きにすればONのまま、東向きにすればOFFに切り替えができる。)

    男の中から1人、観測役を選ぶ。
    観測役は部屋に入ったときに椅子をOFFにする。
    観測役以外は椅子をONにする。
    ただし、1回椅子をONにしたら2回目はON、OFFの切り替えをしないようにする。
    (部屋に入っても椅子が元々ONだったら、次OFF状態で入ったときにONにする。)
    すると、観測役は2回目以降に部屋に入ったときにONになっていれば、
    間に誰かが初めて部屋に入ったことが確認できる。
    観測役が22回目にON状態になったことを確認すれば全員入ったことは確実なので椅子を壊す。

    ……と言いたいところだが、
    この方法では最初の1人が部屋に入ったことを確認することができない。
    (観測役が1回目に入ったときにON状態でも元々なのか誰かがONにしたのか区別が付かないため。)
    そこで、観測役以外は2回目まではONにすることとし、
    観測役は43回ONになったときに椅子を壊すこととすれば、解決する。

  4. Jo manda says:

    今更なんですが、カウント役の人が最初に入ったときは0カウント(無効)として22カウントまでっていうやり方でも大丈夫なんですかね?

  5. Rantan says:

    普通に入った人は一度だけ、身につけてるものを置いてけばいいんじゃないんですかね?(靴下やら服やらは身につけてるやろ…)

  6. ちゃんなか says:

    論理クイズだから致し方ないけど、本当にこのやり方を試すと試行回数が数千回は必要そうだから、誰か我慢できなくて椅子壊しそうだな

  7. 浅月浅葱 says:

    ON/OFFを方向じゃなくて椅子を90度縦に回転する(背もたれが床に着くようにする)とかは流石にズルいかなぁ。
    一応椅子を横から見た時は左右で縦回転になるけど……

  8. ときわ says:

    男たち全員が方位磁針でも持ってないと、そもそも東西南北が分からないのでは。椅子の部屋が、窓のない円形の部屋で入り口が複数あったら破綻する気がする

  9. r u says:

    この問題懐かしいなあ
    この問題のミソは「23」といういかにも意味ありげな数に実は何の意味も無くて、ある程度大きな数なら何でもいいってところなんだよな
    だから23から逆算してメタ解きする、みたいな推理ができない
    昔は解けなくて答え見たけど、

    ……今回も解けなかったよ
    (23に意味が無いことや何かを2回ずつすることは覚えてたんだけどね……難しい)

  10. chemis a says:

    一時停止して考えたものの分からないまま続き見てしまいました。
    難しいけどギリ行けそうだった感じがして悔しい…リーダーを決める発想はあったのですが、マーキングの具体的方法が思いつきませんでした。

  11. T OGAWA says:

    この問題を成立させるうえで、或る有限回数内に全ての人が1度は呼ばれることは知られているが、その回数は知られていない、という条件が必要になると思われます。
    (→と思ったらそうした条件はあるんですね。)
    呼ばれる可能性と言うだけで、実際にはAさんからWさんまでいるが、Vさんまでは呼ばれることはあってもWさんだけ呼ばれない状況が続くことはありえます。

  12. 朱音奏 says:

    難しいけど、いろいろ応用が利きそう。
    良問です。

    出○杉『じゃあみんな、作戦はわかったね。僕がカウントするからね』
    シズ○『あたし、バイオリンのお稽古があるから早く出たいの』
    ジャイ○ン『おお、俺がぶっ壊すから早く出ようぜ』
    スネ○『ダメだよ!壊すのはカウントする出○杉君の役目だよ』
    のび○『ねえ、90度って、どれくらい?』
    一同『・・・』

    ドラえも○『みんなあ、助けに来たよ!』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です