記事のトピックは単 振動 の 周期を中心に展開します。 単 振動 の 周期について学んでいる場合は、この【高校物理】単振動が手にとってわかる動画(22分)の記事でComputer Science Metricsを議論しましょう。

目次

【高校物理】単振動が手にとってわかる動画(22分)新しいアップデートの単 振動 の 周期に関する関連コンテンツの概要

下のビデオを今すぐ見る

このComputer Science Metricsウェブサイトでは、単 振動 の 周期以外の知識を更新できます。 Webサイトcsmetrics.orgで、ユーザー向けの新しい正確な情報を継続的に更新します、 あなたに最も完全な価値を提供したいという願望を持って。 ユーザーが最も詳細な方法でインターネット上の理解を更新することができます。

SEE ALSO  アルファベット「O」の書き方 | o の 書き方に関連するすべての情報は最高です

単 振動 の 周期に関連する情報

講義資料はこちら[Request]クオリティの高い動画をできるだけ「無料」で配信するために、10分以上の動画の途中に広告を入れることを許可していただきたいと思います。[How to use class videos]学校や塾の授業、テスト、模擬試験、自分で解いた問題などで疑問が生じたとき、見ればすぐに理解できます。 また、コメント欄での勉強相談についても、極力乗り切りたいと思います。 授業リクエストについては、主に英語、物理、化学、日本史、国語(吹戸先生による日本史と国語)のリクエストを受け付けています。 時々忘れてしまうので、思い出させてもOKです。 追記(7/31) メールアドレスを変更しました。 こちらからお問い合わせください。 kasanimaro.edu@gmail.com

単 振動 の 周期に関する情報に関連するいくつかの写真

【高校物理】単振動が手にとってわかる動画(22分)
【高校物理】単振動が手にとってわかる動画(22分)

読んでいる【高校物理】単振動が手にとってわかる動画(22分)に関するコンテンツを表示することに加えて、csmetrics.orgを毎日下に投稿する他のコンテンツを検索できます。

SEE ALSO  【高校数学】 数Ⅱ-166 不定積分① | 不定 積分 計算に関する一般的な知識が最も正確です

詳細を表示するにはここをクリック

単 振動 の 周期に関連するキーワード

#高校物理単振動が手にとってわかる動画22分。

[vid_tags]。

【高校物理】単振動が手にとってわかる動画(22分)。

単 振動 の 周期。

単 振動 の 周期の知識を持って、Computer Science Metricsが提供することを願っています。それがあなたにとって有用であることを期待して、より新しい情報と知識を持っていることを願っています。。 ComputerScienceMetricsの単 振動 の 周期についてのコンテンツを読んでくれて心から感謝します。

36 thoughts on “【高校物理】単振動が手にとってわかる動画(22分) | 関連する知識の概要単 振動 の 周期新しいアップデート

  1. 何でもかんでも says:

    もしかして、ばねを自然長で引っ張って伸ばした長さと、おもりをぶら下げた状態で引っ張って伸ばした長さって同じ力なら同じになりますか?

  2. プリトヴィツェのコモンドール says:

    ベルト上での物体の単振動の解説もお願いします!

  3. PewDie Pie says:

    物理の単振動(外力を加えない自由振動)に関する質問です。

    ※x'はxの時間による1階微分を表しています。

    ※x0の0は右下につく添え字を表しています。

    mx''+ω^2x = 0という振動に関する運動方程式があります。

    ω=sqrt(k/m)とおいて、

    解が x= C1 cosωt + C2 cosωt (c1,c2は任意定数)_1

    C1およびC2は t=0 の初期条件によって決まる定数です。

    t=0のときにx=x0, x'=v0であると、上の式_1は次のようにまとめることができる。

    x = a cos(ωt – β)

    ここで、

    a=sqrt{x0^2 + (v0/ω)^2 }、tanβ=v0/ωx0

    a:振幅

    β:位相角

    ω:固有円振動数(固有角振動数_rad/sの単位)

    をそれぞれあらわす。

    わたしの質問の内容は、

    a=sqrt{x0^2 + (v0/ω)^2 }

    この式がどっから出てきたのか?なんの意味なのか?ということです。

    なぜ急にこの形で振幅aが表せるのか?

    v0が出てきたのはなんでなのか?

    何かグラフを描けばわかるのか?

    なるべくわかりやすく解説していただけると嬉しいです。

    ちなみに、

    tanβ=v0/ωx0

    この式については、C1=x0^2、C2=(v0/ω)^2 として、

    sinβ/cosβ を計算して、出てきたものであると解釈しております。

    こちらの式についても解釈が間違っていたら教えてください。

    お手数をおかけしますが宜しくお願い致します。

  4. べルゴ says:

    めちゃくちゃ分かりやすかったけど、動画を20分に詰めたい気持ちが伝わってきて面白かった笑笑

  5. # chill says:

    正射影だけで求めなくても運動方程式の方が良さそう。まあわかりやすいけど

  6. 扇状地 says:

    こんにちは、チャンネル登録者数4万人おめでとうございます!
    私は土木学科に在籍しておりますB4の学生です。
    動画を拝見しましたが、気になった点がありましたのでコメントさせてください。

    1:57
    力のつり合いの位置を原点にして自然長とつり合い位置との間をa、つり合い位置とさらに下へ伸ばしたときの位置との間をxとした場合、板書にはF=-kxとありますがF=-k(x+a)ではないでしょうか。

    3:15
    自然長の位置をx=0としても問題ないと思います。自然長の位置をx=0とした場合、F=-ky=-k(x+a)となり上記の式と一致するからです。

    3:49
    自然長からつり合い位置まで引っ張った場合でも、ばねにエネルギーは蓄えられていると思います。ばねが自然長から伸びることで弾性力による位置エネルギーは増加するからです。

    4:59
    つり合いと表現するより振動中心と表現したほうが良いと思います。鉛直方向に伸び縮みするばねであれば重力と復元力のつり合い位置というのは分かるのですが、水平方向に伸び縮みするばねだと何と何の力のつり合いの位置なのかが分からないからです。

    22:10
    単振動だと分かれば周期も求まりますね。
    運動方程式より
    ρ0Sl・a = -ρSgx
    aについて解くと
    a = -(ρg/(ρ0l))x
    この式と単振動における加速度の式 a = -ω^2 xを比較すると
    ω =√(ρg/(ρ0l))
    よってT = 2π/ωより
    T = 2π√(ρ0l/(ρg))

  7. 加藤彩羽 says:

    授業でいまいち理解出来なかったけど自然と頭に入ってきて分かりやすかったです。今週テストが終わってちょうど範囲だったのでもう少し早くこのチャンネル知りたかったです。

  8. Miu says:

    明日のテストの心配がなくなりました!本当に分かりやすいです!!ありがとうございました!:)

  9. ソードフレッチェ!! says:

    復元力は、F=−kxと習ったのですが、なぜ今回は、kaに−が付いてないのですか?

  10. キーゼルバッハ says:

    単振り子の復元力は-mgsinθってなってるけど-Ssinθ(Sは張力)は合成せんでいいの?それともSは糸にかかる力やからおもりの動きに関係ない、だから単振動してるおもりに関する力だけが復元力になるってこと?

  11. shirasu says:

    休校中の宿題で出されて授業で習っていない内容で困っていたので助かりました!とっても分かりやすかったです!

  12. うずらのちゃんねる says:

    分かりにくいです。。。
    自分がわかってることを口に出すのは上手ですが、わからない人がどこかわからないか分かってないのがひしひしと伝わってきます。

    アンチとかではないのでこれからも頑張ってください。

  13. ぽちゃま says:

    今日単振動の過去問の解説の授業だったんですけど、全然わかんなくて…べんとうさんの動画あって助かりましたー!先生よりわかりやすいです!

  14. Y Y says:

    有益なチャンネル発見!
    僕も大学受験の英語の動画上げてるのでお互い頑張りましょう!笑

  15. all that you share says:

    月曜日物理の期末テストがあるので助かります。物理の参考書は何がおすすめですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です