記事の内容は定数 0を中心に展開します。 定数 0に興味がある場合は、この【2.73次元】無限と0を繋ぐヤバすぎる図形【ゆっくり解説】の記事で定数 0についてComputerScienceMetricsを探りましょう。

【2.73次元】無限と0を繋ぐヤバすぎる図形【ゆっくり解説】の定数 0に関連する一般的な内容

下のビデオを今すぐ見る

SEE ALSO  【ゆっくり解説】実際どうなの?暮らしのギモン vol.002『騒音レベルとは?』【身の回りの音を測定】 | 騒音 デシベル 目安に関連する一般的な知識

このComputer Science Metricsウェブサイトを使用すると、定数 0以外の他の情報を追加して、より便利なデータを自分で提供できます。 ウェブサイトcsmetrics.orgで、私たちは常にあなたのために毎日毎日新しい情報を公開します、 最高の知識をあなたにもたらしたいという願望を持って。 ユーザーが最も完全な方法でインターネット上の理解を更新することができます。

定数 0に関連するいくつかの内容

表面積が無限なのに体積が0の図形があると聞いたらどう思いますか? おそらく騙されたと思います。 でも、数学的にはこんな数字が存在し、考えられます。そんな不思議な数字の世界をお楽しみください(^^) チャンネル登録はこちら↓↓↓ ワルツ(リコーダー) 〇Sunday Afternoon

SEE ALSO  【聖マリアンナ医科大】不正入試問題とその後を現役医学部生に聞きました! | 聖 マリアンナ 医科 大学 過去 問に関連する一般情報

いくつかの写真は定数 0のトピックに関連しています

【2.73次元】無限と0を繋ぐヤバすぎる図形【ゆっくり解説】
【2.73次元】無限と0を繋ぐヤバすぎる図形【ゆっくり解説】

あなたが見ている【2.73次元】無限と0を繋ぐヤバすぎる図形【ゆっくり解説】に関するニュースを追跡することに加えて、csmetrics.orgが毎日公開している他のトピックを読むことができます。

今すぐもっと見る

一部のキーワードは定数 0に関連しています

#273次元無限と0を繋ぐヤバすぎる図形ゆっくり解説。

ゆっくり,ゆっくり,解説,ゆっくり,数学,数学,雑学,ゆっくり,雑学,フラクタル,メンガーのスポンジ,シェルピンスキーのガスケット,自己相似,自己相似図形。

【2.73次元】無限と0を繋ぐヤバすぎる図形【ゆっくり解説】。

定数 0。

定数 0の内容により、ComputerScienceMetricsが提供することを願っています。。 ComputerScienceMetricsによる定数 0に関する記事をご覧いただきありがとうございます。

SEE ALSO  内心【超わかる!高校数学Ⅰ・A】~授業~図形の性質#9 | すべてのコンテンツは内心 と はに関する最も詳細なものです

38 thoughts on “【2.73次元】無限と0を繋ぐヤバすぎる図形【ゆっくり解説】 | 定数 0に関する知識を最も正確にカバーしてください

  1. ベテルギウスタウ says:

    楽しませてもらいました。実世界なら直感的に、波動や幽霊のことになるのでしょう。
     「次元」とは目標対象を特定させるための項目のリレーションの数、と考えています。そうとわかれば11次元なんてショボくって無限次元設定がつくれる。
    空間座標、特定時間、移動方向、形状、密度比重、回転角度、回転速度、消滅時期、etc

  2. 木原マサキ says:

    霊夢野球やってたんか…ユニフォーム姿、可愛いだろうな。

    ってか俺もペール缶とスポンジ持ってダイヤモンドの低くなってるところの水取りやってたわ。

  3. まいあや says:

    サムネみたいな中抜き図形だとイメージしにくいけど、
    無限に広がる平面とフラクタル図形を組み合わせると理解しやすいよね

  4. じん says:

    フラクタル次元の定義について理解が難しかったです。正方形、立方体を用いた定義の説明では相似な図形を例に挙げていますが、フラクタル図形では、非相似形状同士で次元の計算をしていますよね。無理やり解釈するとしたら、フラクタル部のみが存在する特殊な座標空間を定義してその空間の次元を計算しているということでしょうか?あとはそのようにフラクタル次元を計算する意義についても気になります。次元を計算するとフラクタル図形の特性をうまく説明できたりするんですかね?

  5. 2,4-D says:

    人間の肺も量子力学で出来てるっていう動画を見たけど、メンガーのスポンジみたいになってるのかもな〜

  6. Masa Tad says:

    前のコメントにも似たようなのがあるがあるが、体積が0で表面積が大きな図形は、十分大きくて厚さが無限に薄い平板と同じで、不思議でも何でもない。

  7. Hitoshi Yamauchi says:

    数学と身の回り(e.g. 自然の物)の関係がありそうなところを言うことが私にはこのチャンネルの嬉しいところです。もちろん数学には世界の中のパターンや対称性を記述するという動機もあるので自然とそうなりますが,なかなかそういう部分を触れることがないように思います。ありがとうございます。😀

  8. かまぼこ says:

    ド文系からすると、「無限に計算すると」ってそれ無理だろ、で思考が止まってしまうのだ。次元が小数点っていうのは面白いけどさ。

  9. Kani says:

    フラクタル次元の計算方法はちょっと引っ掛かってます。
    2次元や3次元の計算をする時は同じ次元のもので比較するのに対し、フラクタル図形の次元を計算している時はなぜ違う次元の図形で、違うルールで計算しているのかちょっとわからないです。
    例としましては、辺長が1の正三角形と辺長を2倍の正三角形、2次元の図形二つで面積比ではなく体積比(3次元のルール)を比較します、すると体積比は0:0で、「計算不可」になるはず。
    3次元のもので面積比(2次元で観察された面積の比、つまり2次元のルール)を比較する時も、3次元の定義を持ち込まない前提で(面積を重ねると体積になる)、どう計算すべきかわからず、「計算不可」になります。
    整理すると、とあるa次元の図体のaを計算する時、b次元のルール(体積比、面積比など)を使いたいのなら、b次元とa次元の定義に繋がりがない場合、答えは「計算不可」か「定義不足による計算ミス」(動画のような例)になります。
    なので何故フラクタル図形の次元は違う次元の図形(2次元の正三角形と1.58次元(?)のシェルピンスキーの三角形)と面積比(2次元のルール)だけで計算しているか、分かる人はどうか助けてください、気になりすぎて夜しか眠れません!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です