記事はスムース スクロール jsを明確にします。 スムース スクロール jsに興味がある場合は、このページ内スムーススクロールと、モーダルメニューをクリックした後の自動メニュー閉じについて!の記事でComputerScienceMetricsを議論しましょう。

目次

ページ内スムーススクロールと、モーダルメニューをクリックした後の自動メニュー閉じについて!更新されたスムース スクロール jsの関連ビデオを取り上げました

下のビデオを今すぐ見る

このComputerScienceMetricsウェブサイトでは、スムース スクロール js以外の知識を更新して、より価値のあるデータを持っていることができます。 ウェブサイトComputer Science Metricsで、私たちはいつもあなたのために毎日新しい正確なニュースを更新します、 あなたに最も正確な価値を提供したいという願望を持って。 ユーザーが最も詳細な方法でインターネット上の知識を更新することができます。

いくつかの説明はトピックに関連していますスムース スクロール js

今回は、JavaScriptのwindow.scrollToメソッドを使って簡単なページのスムーズスクロールを実装する方法を紹介します。 ヘッダーメニューにページ内リンクを簡単に設定する方法と、モーダルメニューをクリックしてページ内を移動すると、メニューが自動的に消えるように実装する方法を紹介します。 *window.scrollTo は現在、Safari と IE では機能しません。 それを機能させるには、書く必要があります

SEE ALSO  Excel2016の分析ツールを有効化して基本統計量 | 新しく更新されたexcel 基本 統計 量コンテンツの概要

一部の写真はスムース スクロール jsに関する情報に関連しています

ページ内スムーススクロールと、モーダルメニューをクリックした後の自動メニュー閉じについて!
ページ内スムーススクロールと、モーダルメニューをクリックした後の自動メニュー閉じについて!

読んでいるページ内スムーススクロールと、モーダルメニューをクリックした後の自動メニュー閉じについて!に関するニュースを追跡することに加えて、csmetrics.orgが毎日更新される他の記事を発見できます。

詳細を表示するにはここをクリック

スムース スクロール jsに関連する提案

#ヘーシ内スムーススクロールとモーダルメニューをクリックした後の自動メニュー閉じについて。

フロントエンド,frontend,ホームページ,プログラミング,初心者,入門,HP,Web制作,コーディング,エンジニア,プログラマー。

ページ内スムーススクロールと、モーダルメニューをクリックした後の自動メニュー閉じについて!。

スムース スクロール js。

ComputerScienceMetricsが提供するスムース スクロール jsについての情報を使用して、より多くの情報と新しい知識が得られることを願っています。。 csmetrics.orgのスムース スクロール jsについての知識をご覧いただきありがとうございます。

SEE ALSO  プレミアプロ初心者向け講座 動画の書き出し(2/7) Youtube投稿向けのmp4形式で保存する方法 | premiere mp4 書き出しに関連するすべてのコンテンツが更新されました

6 thoughts on “ページ内スムーススクロールと、モーダルメニューをクリックした後の自動メニュー閉じについて! | スムース スクロール jsのベストに関するコンテンツをカバーします

  1. 山田次郎 says:

    if (document.getElementById('nav').classList.contains('active')){

    const timerId = setInterval(() => {

    console.log(window.pageYOffset)

    console.log(offsetTop)

    if (window.pageYOffset === offsetTop) {

    clearInterval(timerId)

    document.getElementById('nav').classList.remove('active')

    document.getElementById('mask').classList.remove('active')

    }

    }, 16)

    }
    で、
    おそらく、if (window.pageYOffset === offsetTop)が一致せず、clearIntervalも発動せず、activeもremoveできなくて、
    console,logで確認したところ、745.5999755859375 === 745.6000366210938を無限ループしていました。
    どこかの単位が細かすぎてると思い、アバウトな単位を設定してあげるとしたら、どこがいいでしょうか、
    1px未満の単位はあるのでしょうか、それか、スクロール単位が動画より自分のPCは単位が細かすぎると思いました。
    スクロール単位1は1pxのことですか?

    でも、不思議なことに、検証ツールを横で開くか、フル画面でいきたいところに飛ぶと、無限ループにおちいるのですが、
    検証ツールを下画面で開くと、ちゃんとclearInterval発動、activeもremoveになります。heightが邪魔してて、到達できないのだと思います。

    動画内でおっしゃってた違うやり方もあり、タイマーでやるのは邪道なのですか?このエラーの良い解決方法がありましたら教えていただけると嬉しいです。。

  2. miffy says:

    こちらの動画をずっと探してやっと巡り合えました。
    ありがとうございます。
    なぜか、behavior:' smooth'だけ、まったく効かないのです。
    他は問題なく実装されています。
    何か考えられることはありますか?

  3. 岩城隆宏 says:

    うわー、こういうの探していたんです。jQuery以外でスムーススクロールできるやつ。
    ぼくの中では永久保存版です。ありがとうございました。
    jQueryでも裏では基本動作としてこんなことが動いてるんでしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です