光が反射する現象は、日常生活の中で起きている現象であり、私たちも非常に気づきやすいものです。では、光の反射と反射の法則とは?今日、モンキーは光の反射に関する記事を引き続きあなたと共有し、彼らがこの理論を理解して実際に適用するのを助けます.

光の反射

日常生活における光の反射。(写真:インターネットコレクション)

物体に光線を当てると、その光線も完全に反射されます。この現象は光の反射と呼ばれます。

光の反射の現象は、次のように簡単に理解できます。反射とは、光線が鏡に当たり、鏡によって元の環境に反射されるときに発生する現象です。

この現象は、自然環境と人工環境の両方で発生する可能性があり、大きな影響を与えます。

光の反射の分類

光の反射には、正反射と乱反射の2種類があります。

SEE ALSO  【高校物理】 電磁気57 RLC直列回路 (20分) | rlc 直 並列 回路に関連するすべての情報

頻繁な反射

入射光の平行ビームがあり、一方向に平行に反射される場合、これは永久反射 (反射反射とも呼ばれます) と呼ばれます。

この場合、入射光線は平行であり、反射直後は平行のままです。一方向にのみ進み、平らな鏡や高度に研磨された金属表面などの滑らかな表面から出てきます。

そのため、平面鏡は光の永久的な反射 (反射光) を生成します。

平行光線が滑らかな表面に当たると、入射角と反射角が近いか等しいため、平行光線として一方向にのみ反射されます。

拡散反射

拡散反射は、入射光の平行ビームが異なる方向に反射されるときに発生します。

平行な入射光線は、反射後に平行ではなくなりますが、異なる方向に散乱します。この現象は、不規則散乱または拡散反射としても知られています。

この拡散光は、テーブル、椅子、チョーク、壁、厚紙、紙、研磨されていない金属などの粗い表面によって発生します。入射角と反射角がまったく異なるため、粗い表面に平行光線が当たると、異なる方向に進みます。

光の反射の法則

実験

光の反射実験。(写真:インターネットコレクション)

懐中電灯を使用して、入射 SI のビームを紙に垂直に配置された平面鏡 (下図を参照) に当てて観察します

SEE ALSO  【裏技】単位変換が簡単にできる表を教えます~mm, cm, m, km~ | 単位 の 覚え 方に関する情報を最も完全にカバーします

光の反射の法則を述べる

光の反射の法則の内容は次のように述べられています。

光が反射すると、反射した光線は、入射光線と入射点でのミラーの法線を含む平面に位置します。

反射角も入射角と等しくなります。

ノート:

光の反射の法則は、平面鏡、凹面鏡、凸面鏡にも当てはまります。次のように:

入射光線と反射光線は両方とも同じ平面にあります。

反射角は常に入射角と等しくなります。

また、鏡面に光線が当たると、その光線の入射角と反射角がゼロになり、その光線は物体と同じように反射されます。

凸面鏡での光の反射

凸面鏡は、球の一部である面と、光源の方向に反射する曲面を持っています。

凸面鏡は、平行入射ビームを発散反射ビームに変換し、入射ビームから発散または平行反射ビームに集束することができます。

凹面鏡での光の反射

凹面鏡は、部分的に球面を持っているという特徴があり、光に向かって反射する凹面があります。

このタイプのミラーは、平行な光ビームを光ビームに変換する能力があるため、光を集束させる主な目的で使用されます。

SEE ALSO  【衝撃】成功するために知っておくべき/平均の法則 You should know this to succeed. “Law of averages” | 平均 の 法則に関する一般的な文書が最も詳細です

凸面鏡とは異なり、凹面鏡は、発散または収束する光ビームから平行な反射ビームに変換し、発散する光ビームから集束反射ビームに変換できます。

特に、凹面鏡の光の反射により、日光が当たると物体を加熱したり燃やしたりできます。

光の反射の法則を表す図を描きなさい

紙に垂直に置いた平面鏡に光線 SI を当てて観察する。

図は光の反射の法則を示しています。(写真:インターネットコレクション)

そこで:

  • SI は入射光線と呼ばれる
  • IRは反射光線と呼ばれます
  • INは通常と呼ばれます
  • SIN = i は入射角と呼ばれます
  • NIR = i’ は反射角と呼ばれます

上記の記事では、光の反射に関する理論と演習をまとめました。願わくば、この記事で共有された知識を通じて、あなたが人生で多くのことを理解し、応用できるようになることを願っています. 記事を読んでいただきありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です