この記事は光 の 法則を明確にします。 光 の 法則について学んでいる場合は、この波でも粒子でもない光の本当の正体とは?【日本科学情報】【宇宙】記事で光 の 法則についてcsmetrics.orgを明確にしましょう。

波でも粒子でもない光の本当の正体とは?【日本科学情報】【宇宙】の光 の 法則の関連ビデオを要約する

下のビデオを今すぐ見る

このComputer Science Metricsウェブサイトでは、光 の 法則以外の他の情報を更新して、より便利な理解を得ることができます。 ComputerScienceMetricsページで、私たちは常に毎日新しい正確なニュースを更新します、 あなたのために最高の知識を提供したいと思っています。 ユーザーが最も正確な方法でインターネット上のニュースを把握できるのを支援する。

光 の 法則に関連するいくつかの情報

※正誤:「見えないものしか信じない人…」 → 正「見えるものしか信じない人…」 ■チャンネル登録はこちら↓ ■チャンネル登録はこちら日本の科学情報本「宇宙一、宇宙の話」↓好評につき電子版も発売中! ■日本科学新聞社 お昼のお昼の「一杯のコーヒー」の応援はこちら↓ 期間に応じてレベルアップするメンバーバッジがコメントの横につきます。 ■ Twitter ■ Instagram ■ 宇宙の美を見るチャンネル「JSTGogoShogo」 ■ 昼昼の毎日チャンネル ■ 日本のゲーム情報 ■ ホームページ ■ 企業・コラボのご相談はこちら [email protected] 世界の科学ニュースがわかりやすいそこで、科学に関する基礎知識をお届けします。 ※商品リンクURLはAmazonアソシエイトリンクを使用しています。 Dr. Schorsch 12:32、2005 年 4 月 19 日 (UTC) (Dr. Schorsch (話)) – 自作、CC Attribution-ShareAlike 3.0、Tatoute and Phrood~commonswiki – 不明、CC Attribution-ShareAlike 3.0、Georg Wiora (Dr. . Schorsch) は、元の JPG からこの画像を作成しました。派生作品:Kes47 (トーク) – ファイル:Redshift.png、CC BY-SA 3.0、Lookangmany による元のシミュレーションの作成者 = Wolfgang Christian および Easy Java Simulation の作成者 Francisco Esquembre に感謝= Francisco Esquembre – 自身の作品、CC BY-SA 4.0、D-Kuru 著 – 自身の作品、CC BY-SA 3.0 at、Robert Wagner による夜の MAGIC 望遠鏡、帰属、#宇宙#光の正体# 正午

SEE ALSO  シュレーディンガー方程式の基本的な解き方!(量子力学シミュレーション超入門【第1回】) | 最も完全なシュレディンガー 方程式 解き方情報の概要

画像は光 の 法則の内容に関連しています

波でも粒子でもない光の本当の正体とは?【日本科学情報】【宇宙】
波でも粒子でもない光の本当の正体とは?【日本科学情報】【宇宙】

読んでいる波でも粒子でもない光の本当の正体とは?【日本科学情報】【宇宙】に関する情報を表示することに加えて、Computer Science Metricsを毎日下に投稿する他の多くのコンテンツを調べることができます。

ニュースの詳細はこちら

光 の 法則に関連するいくつかの提案

#波でも粒子でもない光の本当の正体とは日本科学情報宇宙。

科学,宇宙,情報,説明,サイエンス,最先端,スピリチュアル,光,光とは,光の正体,電磁波,光量子仮説,波動説,粒子。

波でも粒子でもない光の本当の正体とは?【日本科学情報】【宇宙】。

光 の 法則。

SEE ALSO  【解析学♯20】ランダウ記号 | すべての知識はランダウ の 記号に関する最も詳細なものです

光 の 法則の知識により、csmetrics.orgが更新されたことが、あなたに価値をもたらすことを望んで、より多くの情報と新しい知識を持っていることを願っています。。 ComputerScienceMetricsの光 の 法則についての知識を見てくれて心から感謝します。

25 thoughts on “波でも粒子でもない光の本当の正体とは?【日本科学情報】【宇宙】 | 光 の 法則に関する最も完全な情報の概要

  1. 天乃萌猫 says:

    エネルギーを持つ粒子・・・ だいたいどの説明も同じ 結局わからんかった
    正体と言うからには光量子について説明してるのかと思った 正体というより歴史だな
    粒子はそもそもエネルギーじゃないの?であるなら粒子は全て同じ性質なのか?電磁波は?放射線とは?
    更に疑問が増えるばかりだ、結局量子を学ばなければ光の正体は分からないか…

  2. ミツタニユウ says:

    なるほど、説明つかないので新規概念を作っわけか。しかし、質量のない粒って意味がわからない。
    エネルギーを帯びた空間であるとうなら理解できるんやが。
    それから、質量がないと定義しておきながら、重力で曲がるとか矛盾してるし。

  3. #Seri3S says:

    とてもわかりやすかった。光は物質でも波でもないフォトン(光子 Photon)か。株取引の卑近な例まで示していただきthanks! 天文学者は記録・計算・考えながら空を見てるんですね 物理学者は観察し数式で統一する 今見てる星の光は何億年も前の光なんて

  4. サトウハジメ says:

    光は電磁波であり粒子。 スペクトル分析で人間の可視光線7色に分かれる。赤より波長が長いのが赤外線、紫より波長が短いのが紫外線だっけかな?

  5. 風来 says:

    生物の目は何故光を感知するのか
    生物進化の過程で目が生まれなければ、光の存在に気が付けたんだろうか
    この世界で、人間がその存在を想像もできないナニカはどれだけあるのだろう

  6. comet361 says:

    原子の中身を物質的に見るとほぼ空っぽであるように、この世界のすべては波であり、ありとあらゆる物質は様々な周波数の波が複雑に絡み合って安定状態になったものです。人間の五感、特に触覚は物質を物質として捉えられるようにプログラムされているにすぎません。だって原子はスカスカなんですよ。人間の指も触れる物質も実際はスカスカなんですよ。光は粒子でもあり、波でもあるなんてまやかしから目覚めるべき。古来人々は物質が粒子から構成されていると信じてきたから、いまだに素粒子という最小単位に縛られているにすぎません。世界の本質が周波数の違いだと気づけば、ガンマ線よりも遙かに高い周波数帯域の世界により高い次元の世界が存在することに気づくでしょう。我々がやっと存在に気づき始めたニュートリノもミューオンもその「高次元」への入り口にすぎません。そして重力の秘密もその先にありますよ。

  7. Chan Dee says:

    レーザー光線のように、"光を束ね"た"細い光"を初めて観たのは"野口五郎ショー"と言う歌番組での集録スタジオでした。
    プリズムを用いてレーザー光線を何度も直角に曲げスタジン内のスモークに細い光を実態にとて輝いていました。

    その時、改めて認識したのは、光は重力に"そって"直進すると言う事でした。
    (光は曲がる…強い重力は光を曲げる、恐らく重力は光を曲げるが光を固定[フレーズ]しない・出来ない) =間違っていたらご指摘頂けると幸いです。

    さて、私が20数年前に体験したことです。
    南半球のブラジル、シャパダダイヤマンティナ(山地)地帯の百人規模の村です。
    ここ一帯は先カンブリア期の地層が露出する大渓谷として地質学者が注目するエリアでもあります。

    山中の寒村の唯一の宿の夜中です。
    尿意に目を覚ましトイレから寝室に戻り、
    月の光が室内に差し込んでいたので何げに窓外を見ました。

    この宿の村は、高地の台地の天辺にあります。
    この台地の向こう側(3キロ程先は崖下になります)の、
    その3キロ先の中空で光が"真っ白な扇形"に広がって脈動(点滅?)していました。

    その点滅(脈動)する扇型の光…
    (((エンビツ削りで鉛筆を削ると、削られた鉛筆の木部が私達に見せるフォルムとそっくりです)))
    は真っ白なのですが、周囲を照らしていませんでした。
    奇妙な表現かも知れませんが、光の輝きの中心も輝く尖端部分もほぼ同様の輝度に思えました。
    光の尖端は、バッサリと切り取られた様に光が途切れていました。

    ここまで体験を書くと自分でも混乱してしまいます。
    SF映画… スターウォーズに登場する"何とか剣"のようでもあります。

    この日の夜は、夕暮れに到着していて大変に疲労していた事もあり、
    荷物の奥底に仕舞い込んでいるVTRや一眼レフを取り出し証拠を撮ろうとはしていません。

    当時、この地に到達する交通機関は皆無で、サルバドールから車両をチャーターするしかありません。
    非常に高額です。今回も私費での遠征です。直線距離で数十キロ足らずを移動するのに、丸一日遠回りが必要です。

    あの光は…。最近、当該地域周辺で過去に度々UFO目撃や住民の拉致などが頻繁に報告されていた事が判りました。
    Brazil  UFO で検索すると沢山でてきます。

    レーザー光を初めて眼にした時の衝撃体験を遙かに超え、白い途中で切れる光を見た事は強烈衝撃でした。

  8. Taka Ngy says:

    我々凡人は、IQ100にも満たないですが、時たま、IQ150~200の人間が生まれてきます、
    彼らが、科学や文化を飛躍的に向上させますね。
    2500年前には、アリストテレス、ソクラテス、プラトン、ピタゴラス等天才がいました。
    孔子、仏陀も、同じころですね。
    我々、凡人だけでは、科学の発展はできません。  天才の出現が必要です。!!!!!!
    時たま、悪魔ーーヒットラーの様な人間が現れますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です