記事の情報は変数 数学について書くでしょう。 変数 数学を探しているなら、この2変数関数の値域 日大の記事でこの変数 数学についてComputer Science Metricsを明確にしましょう。

2変数関数の値域 日大の変数 数学に関連する情報を最も詳細にカバーする

下のビデオを今すぐ見る

このWebサイトcsmetrics.orgでは、変数 数学以外の他の情報を追加して、より有用なデータを自分で提供できます。 csmetrics.orgページで、私たちは常にあなたのために毎日新しい正確なコンテンツを公開します、 あなたのために最も詳細な知識を提供したいという願望を持って。 ユーザーが最も詳細な方法でインターネットに思考を追加できるのを支援する。

トピックに関連するいくつかの内容変数 数学

厳選200問 ワンクリックで詳しい解説や解説動画にジャンプ → 厳選50問Vol.3 → 中学知識で数学脳を鍛える! 8つのアプローチで論理的思考力を養う Bluebacks『大学入試数学不滅の100「大人のための『数学実技テスト』」』 高校数学の基礎の90%がこの一冊でわかる『中学知識』 オイラーの公式がわかる」 オイラーの公式Tシャツ、パスワードは「カンタロウ」です。 大学別、分野別の過去の動画はHPからお問い合わせください お仕事依頼 お問い合わせ → [email protected]自然対数の自然対数 e ネイピア数は東大卒で早稲田中退の美人の数 #数学 #高校数学 #大学入試

SEE ALSO  偏差値49→84への化学の参考書&学習計画/私立御三家医学部 | 関連するコンテンツ新 理系 の 化学 原点 から の 化学 違い新しい更新をカバーしました

一部の写真は変数 数学に関する情報に関連しています

2変数関数の値域 日大
2変数関数の値域 日大

読んでいる2変数関数の値域 日大の内容を発見することに加えて、csmetrics.orgを毎日下に投稿するコンテンツをさらに検索できます。

ニュースの詳細はこちら

変数 数学に関連するキーワード

#2変数関数の値域日大。

[vid_tags]。

2変数関数の値域 日大。

変数 数学。

変数 数学に関する情報を使用して、ComputerScienceMetricsが更新され、より多くの情報と新しい知識が得られることを願っています。。 csmetrics.orgの変数 数学についての記事に協力してくれて心から感謝します。

SEE ALSO  【化学基礎】 物質の変化16 イオン反応式 (10分) | イオン 反応 式 化学 反応 式に関する一般的な文書が最も完全です

26 thoughts on “2変数関数の値域 日大 | すべての最も完全なコンテンツ変数 数学

  1. vacuumcarexpo says:

    ヨシッ❗

    途中のx=rcosθ,y=rsinθの下りは、完全に極形式の説明だと思うのだが、何故か「極形式」っていうワードに一切触れてないのが気になったなぁ。

    数Ⅲなるものが、どこからどこまで含むのかはよく知らんのだけど、文系向けに相加・相乗平均の不等式を使った別解を書いておこう。

    <別解>
    x>0,y>0なので、y=pxを満たす正の実数pが必ず存在するので、これを与式に代入すると、x≠0なので、与式は、以下のように書ける。

    7-(4p+5)/(p^2+1)

    f(p)=(4p+5)/(p^2+1)と置くと、その逆数は、

    1/f(p)=(p^2+1)/(4p+5)=(4p+5)/16+(41/16)/(4p+5)-5/8

    と変形出来る。

    p>0なので、ここで相加・相乗平均の不等式が使えて、

    1/f(p)≧2√(((4p+5)/16)・((41/16)/(4p+5)))-5/8=(√41-5)/8

    等号成立条件は、(4p+5)^2=41⇔p=(-5±√41)/4。

    p>0より、p=(√41-5)/4。

    正の実数pがちゃんと存在するので、等号は含んで良い。

    よって、f(p)≦8/(√41-5)=(√41+5)/2

    p>0より、f(p)>0。

    y=f(p)は、p>0で連続かつ、p→∞の時、f(p)→0なので、f(p)は、区間(0,(√41+5)/2]内の任意の値を取り得る。

    よって、0<f(p)≦(√41+5)/2

    ⇒(9-√41)/2≦7-f(p)<7

    こんな感じです。

    数Ⅲを使わず、と言っておきながら、f(p)の下からの評価のために、関数の連続性や極限を使うハメになってしまった❗

    そこいら辺、なんかいい改善法がありましたら、是非お教え下さい。宜しくお願いします。

  2. smb2019 spoon-me-baby says:

    まぁ入試問題なんでどう解いてもいいですが、この問題が実質的に(極形式を利用するなどして)1変数関数の最大・最小に帰着できるのは分母と分子のすべての項が2次であるという「同次性」があるからであって、そうでない一般の場合は偏微分の問題になる(あくまで高校範囲に拘るなら1変数を固定する手法を取る)と思われます。
    そこは一言触れて欲しかったですね。極形式に変換して変形したらr消えるでしょ、ではなく。

  3. yamachanhangyo says:

    この問題、???…なのだが、分母が円の方程式だということに気は付けば…ということか。

    でも、微分でごり押し…という方法はやりたくない…と仰っていたが、果たして微分で解いた人は居るんでしょうか?

  4. S O. says:

    分子=定数とおくと楕円(主軸がx軸からα傾いている)で、分母は楕円上の点から原点までの距離の2乗なので、この距離が大きいほど与式の値は小さくなると考えることもできますね。解釈だけですが。。

  5. プロテイン says:

    動画のように分数式を作って、解法としては、数三の微分と=kとおいて判別式を考える方法の2つが考えられる。

    また、動画のように分数式を作れるということは、同次式ということでもあるから、三角関数との親和性が高いことも押さえるべきポイントだと思う。今日もありがとうございます。

  6. かずまなぶ says:

    途中で面倒になってダサい微分でやっちゃいました。

    あと、分母が円で分子が楕円なのを利用して何か方法無いかな?と色々考えたが、結局極座標での計算になってしまった。

  7. 山本俊治 says:

    斉次式なので分母・分子 を y² でわって 1変数にして微分して調べるという方法しか思いつきませんでした。
    分子を分母で割ってやって 2+〇〇 の形にしたけど、手間はたいして変わりません。
    綺麗な値にならないなぁと思いながらシコシコと計算をすすめると、√41で括れたのがちょっと救い。
    パラメーター使う方法は思いもしませんでした。

    本日も勉強になりました。ありがとうございました。

  8. 高校数学万華鏡 says:

    典型問題で、様々な解き方がありますね。この問題の場合は、動画後半の方法か、前半の (2t²-4t+7)/(t²+1) から、これを =k とおいて、2次方程式が正の解を持つ条件から、k の範囲を求める方法が楽でしょうかね。

  9. pc3taro says:

    コメント抹消対策を講じるため、簡素な記述といたします。

    noteのメンバーシップ・有料マガジン等については過去動画のコメント欄を参照して下さい。

    また、両者について一部特典・対応を変更いたしましたが、詳細はnoteをご覧下さい。

    メンバーシップに入らずに今月分をご覧になりたい方は有料マガジン2月号をご購入下さい

    (購入後であっても月内なら適宜追加されます)。

    前者の解法で解きました。微分でもルートの入った分数計算にはなるも、解けますね。

  10. teke teke says:

    おはようございます。t=x/y と変換の上、(2t^2-4t+7)/(t^2+1) = k とおいた上で、tが解を持つ条件として、kの範囲を導入つしました。(二次方程式の解の存在条件に帰着)
    三角関数によるパラメータ表記も頭にはよぎりましたが、結果的にはこのやり方の方がシンプルだった気はします。

  11. セイル says:

    極形式も考えましたけど、分数式の形で解きました。
    微分するのではなくて、(2t^2-4t+7)/(t^2+1)=kとおいて、分母を払えば、
    (k-2)t^2+4t+(k-7)=0という形になるので、これが正の解を持つkの範囲と考えれば、2次方程式の問題になって複雑な計算は不要になります。
    ただ、k=2のとき1次方程式になるなど、場合分けが若干面倒になります。

  12. ツンデレ says:

    分母分子がともに2次のみである同次式なので、y/x=t とやるやり方もありますが、x>0 , y>0 という条件があるので極座標変換 x=r cosθ , y=r sinθ によって r>0 , 0<θ<π/2 に1対1で対応でき、あとは三角関数の増減の問題になるのでこっちの方が楽という感じですかね。x^2+y^2 があると極座標変換したくなりますね。

  13. ちゅ。 says:

    ほんの先ほど見つけた裏技。
    知らなかったのは私だけでしょうか?
    便利そうなのでコメントに残しておきます。

    分数関数 y=f(x)/g(x) が x=α で極値をとるとき、
    f(α)/g(α)=f'(α)/g'(α) ..(1)

    証明は商の微分の公式から
    x=α で y'=0 であれば
    {f'(α)g(α)-f(α)g'(α)}/{g(α)^2}=0
    これより (1) が導かれる。

  14. P-1 math says:

    久々の医学部数学以外ですね。
    動画と同じ方法で解きました。
    他にもx/y=tとおき、与式=kが正の実数解をもつ条件を求める方法でも解けそうですね。

  15. み冬最愛°moa° says:

    オハヨー😴
    解けました〜☺️
    1変数化して逆像法で良くないですか?と、思ったけど、t>0 の制限があるので面倒くさい。一応 与式=k と置いて t の範囲無視でこれが解をもつときの k の条件出してみて、確かに k=(9-√41)/2 という値は出て逆像のさらに逆でこの値のときに t>0 で解を持つようなんだけど、こんなの答案になりませんので、結局計算力にまかせてゴリゴリやりました〜。

  16. 鉢かづき says:

    おはようございます。

    このコメント欄で過去に幾度か言及した『新・受験数学勉強法』(根岸世雄著)では、「文字を置き換えるとき、元の文字の範囲を新しい文字の範囲に反映させることを忘れてはならない」ことが強調されていて、根岸先生は、もとの文字から置き換えた後の文字への"遺言"なんておっしゃっています。

    この本(ブルーバックスB488)は、数学の試験問題を解くときの考え方を詰将棋を例に解説したものなので、(手に入りさえすれば)貫太郎さんはきっと持っていらっしゃるでしょう…。
    (とはいえ、ISBNコードも付されていないような、昭和57年初刷のものですが…www)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です